公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言 システム運用保守に、後期高齢者医療制度に、公務員叩き批判に、行政改革に、福祉行政に、ITに、WEB2.0に、SNS管理に、VBに、Scriptに、情報セキュリティに、IPネットワークに、SEOに、ほんの少し家族サービスなブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト:
 システムは所詮道具である。

 行政の根幹として法規があり、それを具体化するために事務がある。
 事務を執行する上で(量、質ともに)支障があれば、費用対効果を検討したうえで、道具としてのシステムを導入する。
 システム開発を行うためには、要求を定義せねばならず、それには事務に習熟していることが必須である。

 それが本来の姿であるが、
 現在、全国ではシステム仕様を元に事務をリバースエンジニアリングすると言う、あまりに滑稽な試みが進められている。

 ジグソーパズルにもたとえられるこの試みは、介護保険という至上最悪の前例を踏襲し、各種の悪条件と役所特有のしがらみを巻き込んで、全国の担当者達を悩ませていることであろう。

 「事務が決まらないからシステム面での要求が決まらない」
 「お上は具体的な事務について、何ら具体策を示してくれない」
 そうした嘆きは詮無きことだ。

 厚生労働省の官僚殿、国保中央会、そして開発を請け負うベンダ。

 その中に、市町村の最前線の窓口で行われる住民相手の事務に熟知しているものはいるだろうか?
 そんな方々に一から十まで現場の事務を作ってもらおうなどというのが、むしろ虫が良い話ではなかろうか?

 事務とそれを行う上での問題点を熟知しているのは他でもない、我々、市町村職員である。
 そして最低限といえど、各種政令はあるのだから、
 道具ができるのを待つのではなく、まず我々で事務を構築し、それを取りまとめて要求定義を厚労省やベンダに突きつけるぐらいの気概が必要であろう。
 
 たかが道具に振り回されること無かれ。
 基本は事務である。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: システム, 事務, 介護保険, リバースエンジニアリング, 要求定義,

ナビゲーション

特集記事

カテゴリー

ブログ内検索

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

プロフィール

現職公務員SE Author:現職公務員SE
 シスアドでセキュアドな後期高齢者医療制度SNS管理人。
 後期高齢者医療制度の資格事務担当だったはずがひょんなことで電算担当に。

HSタグクラウド

Feed Me!

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言のRSSフィード

後期高齢者医療制度開始カウントダウン





リンク

中の人

FC2カウンター


公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング ビジネスブログランキング 人気ブログランキング - 公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言

スカウター : 公務員叩きに物申す!?現職公務員の妄言 はてなブックマークカウンター
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。