FC2ブログ

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言 システム運用保守に、後期高齢者医療制度に、公務員叩き批判に、行政改革に、福祉行政に、ITに、WEB2.0に、SNS管理に、VBに、Scriptに、情報セキュリティに、IPネットワークに、SEOに、ほんの少し家族サービスなブログ。

DATE

【注意】この記事は後期高齢者医療制度とは関連がありません。【注意】

 顧客に「不安を与えるな」というのならば、まず現場の不安を取り除くのが先決ではないんですか?

 問い合わせをしてもなしのつぶて。2週間で回答がくればまだ良いほうですよ。

 フールプルーフが皆無でまともなマニュアルもなく、
 一連の操作が正しいのか誤っているのか、誰にもも全く分からない状態で、
 入力に対する出力という状況証拠だけを頼りに、現場は崩壊を食い止めようと必死になっているのに、
 そんな状態で「運用に問題」もクソもないでしょ?

 照会画面に最新履歴が出てこないって、ありえんですよフツー。
 しかもそれ周知されていないでしょ?
 で、今日って4月の何日でしたっけ?あーあ。
 これって仕様を解析できなかった現場のせいになるんですか?
 そもそもリバースエンジニアリングは普通はご法度なんですよ。

 こんな運用自体がありえん話ですが、
 突如の指示や乱発される件数調査は、そのための非常に貴重な時間と機会を奪っているんですよ。
 破滅に拍車をかけていることを理解されていますか?

 大体件数が必要なら、何故仕様に盛り込んでおかなかったんでしょう?
 最初から指示があればとても簡単なことなのに。

 それに、今そんなことしてる時期じゃないでしょ?
 もうゴールを通過した気分ですか?
 まだプロジェクト全体で言えば折り返し地点ですよ。

 最初のツマヅキでそうとうあわくっているみたいですが、
 現場の視点からすれば、あんなもの想定内。
 それよりもはるかに重要なのはこれからなのに。

 次は何があるんですか?
 これもう絶望的ですよ。

 その次は?
 これはかなり危険な状態。
 失敗したらメリットとして広告を打ってきたことが全て無に帰しますよ。

 その次のもっとも重大なイベントは?
 例のスポンサーの指示のため、相当難しい処理になっています。
 で、このために必要なデータが今何パーセント集まっているか、上層部は把握しているんですか?

 もちろんね。そちらにとって重要なことも分からないではないですが、
 その根幹のインフラ部分が崩れたら、本末転倒じゃないですか?

 幾ら口先だけで不安を取り除こうとしても、こけたら何にもならないですよ。
 それとも現場を全員ウソツキにしたいんですか?
 まあ、どうせ現場のせいにされることには変わりないんでしょうけどね。

 そういえば泥棒とも言ってましたっけ。
 ウソツキと怠慢と泥棒、好きなのを選べってことですかね。
 いやもう笑っちゃいますね。

 現場のモチベーションはもう崩壊寸前です。
 それでも何とか顧客に迷惑をかけまいと、不眠不休、土日も祝日も無く働いているのに、
 その結果がこの仕打ちですよ。

 で、また見直しですか。そうですか。

【注意】この記事は後期高齢者医療制度とは関連がありません。【注意】
【注意】この記事は後期高齢者医療制度とは関連がありません。【注意】
【注意】この記事は後期高齢者医療制度とは関連がありません。【注意】


スポンサーサイト




はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト:
 いいかげん、某省への皮肉記事を書くのにも飽きてきたので、ためになる記事をかこうと思う。

 昨今、後期高齢者医療の被保険者証の未着問題が話題になっている。

 ニュース記事等によれば、被保険者証の未着件数は6万件あまり。全後期高齢者の約0.5%程度と思われる。
 この数字が多いか少ないかは意見が分かれるだろうが、届いていない人がいることは事実である。

 この未着件数の割合は、各広域や市町村によって大きく開きがある。
 後期高齢者医療SNS内の投稿によれば、同等の規模の市で、件数に数十倍もの違いが出た事例もある。

 明暗を分けた要因は、被保険者証の引渡し方法だ。

 普通郵便で郵送した市町村は未着件数が非常に少なく、
 転送不要の配達記録郵便で郵送した市町村は未着件数が非常に多い。

 郵便受け投げ込みの普通郵便と違い、配達記録郵便は対面で受領の確認を行なわなければ郵便物を送達しない。
 日本郵便の配達員が訪ねてきたときに留守で、投げ込んだ不在連絡票に気づかなかった(あるいは不在連絡票の字が小さくて読めなかった)ケースもあるだろうし、長期入院で家に誰もいないケースもある。
 あるいは、被保険者が住民票を動かさずにケアハウスに入所しており、郵便物の転送だけ日本郵便に届出しているようなケースがあれば、(郵便物が転送不要であるため)そもそも住民票上の住所にすら配達されない可能性が高い。

 じゃあ、転送可能な普通郵便で発送すれば良かったのかというと、必ずしもそうとはいえない。

 本人が引越し後に別の人が住んでいたとしても、表札なし等で部屋番号だけ分かるような場合には、日本郵便の配達員は郵便物を投げ込んでいくだろう。
 そうしたケースは届いたといえるかどうか甚だ疑問であるが、未着件数の中に含まれていない。
 そもそも個人情報保護の面でよろしくないし、下手をすれば被保険者証を悪用されかねない。

 またいくら転送可能で本人に到達するといっても、日本郵便の転送可能期間を過ぎれば、ある日突然届かなくなってしまうわけである。
 広域連合や市町村が、どこへ転送されるのか把握していない状態で被保険者証を送ってよいのか?という話もある。

 一方で配達記録郵便であれば、本人や家族に確実に送達できるし、住民登録地に居住実態がなければ、そのことも把握できる。
 少なくとも本人の知らないところに被保険者証が放置されたり、赤の他人に渡ってしまう心配も無い。
 郵送未着の問い合わせについても、配達記録の引き受け番号から日本郵便のホームページから配達状況を調査し、対応することが可能である。

 とはいえ、手放しで配達記録郵便を推奨するわけでもない。

 確実さと引き換えのコストは馬鹿にならない金額だ。

 配達記録郵便の基本加算料金は210円、頑張って日本郵便の提示する条件をクリアし最大の割引を受けたとしても160円の加算である。
 例えば被保険者が30万人いる広域では、配達記録だけで約5,000万円もの税金を余分に投入していることになる。
 
 また普通郵便に比べ配達に時間がかかることも大きなデメリットである。
 普通郵便であれば1日あれば十分配りきれるところ、配達記録の場合は数週間かかることもあり得る。

 実はこれは日本郵便各支店の能力に大きく左右される。
 同じ人口比や人口密度であっても、明らかに各支店によって配達能力に差が出るのだが、まあこれは余談である。

 話を元に戻そう。

 要するに、普通郵便、配達記録、それぞれメリット、デメリットがあるということだ。

 配達記録で行った場合、最初こそ未着が目立つが、そうしたケースを一つずつ潰していけば、最終的には被保険者の確実な所在把握や送達が可能となる確固たるインフラを入手することができる。
 一方で普通郵便の場合、後ほどイレギュラーケースへの対応に悩まされる爆弾を抱えることとなるが、少なくとも制度開始直後の一番混迷を極めやすい時期を容易に乗り切ることができ、労力を分散することができるわけである。

 重要なのは、今回浮き彫りになった問題にどう対処していくかだ。

 若年者の国民健康保険が届出を基本とした居住実態主義であることと異なり、老人医療は平成14年の改正から伝統的に公簿至上主義である。
 高齢者の特性に配慮し、届出や申請を必要最小限とし、公簿確認により届出を省略して職権でほとんどの事を進めることができる制度設計は、後期高齢者医療(長寿医療)の大きなメリットであるし、この部分についてはもっと評価されるべきだ。
 これを考えた官僚殿には最大限の賛辞を送りたい。

 だが残念ながら、必ずしも高齢者の生活実態は公簿どおりになっていないわけだ。

 大体老人全員に配達記録郵便でモノを送付するなどというのは、未曾有の試みである。
 全ての後期高齢者が広域連合で管理する公簿どおりに居住していれば未着など無いわけで(被保険者証が届いているにもかかわらず「届いていない」と主張する認知証の後期高齢者はいるかもしれないが)、
 
 真の命題は公簿に基づく後期高齢者への(届出不要という)高いサービスを継続して維持するために、公簿とのズレの部分、
 とりわけそのズレの部分は、住民票の届出怠慢という単純なものではなく、長期入院やケアハウス入所といった高齢者特有の問題であるわけなのだが、

 まさにこのズレを部分を今後どうカバーしていくか。

 それこそが、真の問題である。
 そしてこれは定性的な命題である。件数など意味が無い。

 クソ忙しい時期に週2回も集計を取って解決する問題ではないし、ましてや運転免許証うんぬんを持ち出して公的保険のルールをぶち壊して、解決する問題でもない。
 (大体未着で市町村をたきつける前に、資格がある人がどのようなシーンでも被保険者証の交付を円滑に受けられるようなシステム設計をすべきであろう)

 何度でも言う。
 郵送方法がどうとか、未着件数がどうとか、そんなのは空騒ぎの馬鹿騒ぎで、どうでも良い。



はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 後期高齢者医療制度, 被保険者証,
 いい記事である。まずはご覧いただきたい。

後期高齢者医療制度の問題点を明確に説明してくれませんか(Chrysanth Ground)

 こういう意見が出てくるあたり、まだ日本も捨てたものではないなという気がするが、
 実際のところ、この制度の悪い部分はいったいどこにあるのだろうか?

 年金天引きは世帯内の扶養の実態に即していないとか、変更手続きに時間がかかるという問題点はある。
 ただ、本質的な欠陥とまではいいがたい。

 かかりつけ医制度が本格導入されていれば劇薬となっていたかもしれないが、これは完全に骨抜きにされた。(もっともこういう懸念はある)

 そして免許証でも受診できる点。
 住所と年齢さえ確認できればOKという意味合いで住民票の写しなどでも受診できるとすれば、滞納の資格者証も有名無実である。

 メタボ健診で2兆円削減とかは眉唾もはなはだしいが、これとて当の高齢者は蚊帳の外である。

 一番悪いのは明らかに電算システムだが、高齢者にとっての実害は被保険者証がすぐに届かないぐらいのものだ。

 愚鈍な自分にはこれほどこの制度が悪者扱いされる理由が思い当たらない。
 是非彼に教えていただきたい。
 

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 後期高齢者医療制度,
○豹変前
「後期高齢!!後期高齢!!4月1日からは後期高齢者医療制度ですよ!!」
○豹変後
「長寿医療!!長寿医療!!4月1日からは長寿医療制度ですよ!!」

○豹変前
「政省令がもう半年以上遅れているだって?こちらもいろいろ事情があるんですよ!」
○豹変後
「11:50に照会メールを送った!!15:00までに回答をよこせ!!」

○豹変前
「仮保険証を作りたいだって?バカですか?保険請求の仕組みに仮なんかあるわけないでしょ?」
○豹変後
「広域連合は何をやっている!お年寄りが困っているじゃないか!!老人受給者証でも国保被保険者証でも運転免許証でも受診できるようにしよう!!」

○豹変前
「3月異動者は当分証は出ませんよ。4月以降ですよ。そういう仕様ですから。スケジュールにもそう書いてあるでしょ?それが何か?」
○豹変後
「広域連合は何をやっている!被保険者証が4月までに届かないなんてとんでもないことだ!!システムのせい?いやいや自治体の怠慢ですよ!!」


【おまけ】

○豹変前
「この制度はこれからの日本に必要なんです!満場一致で可決です!!」
○豹変後
「とんでもない制度だ!!保険料凍結だ!!!」

○豹変前
「とんでもない制度です!!国の責任が問われます!!」
○豹変後
「××市でミスがありました。△△市でもミスがありました!!自治体はミスだらけです!!今日も突撃取材で仕事を粗探ししてやります!!」






はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 後期高齢者医療制度, 厚生労働省,
 早速、後期高齢者医療を長寿医療制度に変えてみた。
 福田総理の意図どおりに、中身は変えずにうわべだけ変えてみた。
 この記事なんか訳分からないことに…^^;

** 4月5日追記 **

 「後期高齢者医療」を表示後に無理やり「長寿医療」に変換するスクリプトを仕掛けていたのですが、正式名称の変更ではないことと、無駄にサーバに負荷をかけることから、撤去しました。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 後期高齢者医療制度, javascrpit, 長寿医療制度, 福田康夫,
FC2トラックバックテーマ
第468回「今日はエイプリルフール!うそをつきましたか?つかれましたか?」

 拙ブログでもちょっと遊んでみたが、お気づきになられただろうか?

 制度開始直前まで保険証を印字できないシステムとか、
 国保中央会の研修どおりにやると印刷できない負担区分証明とか、

 まあ、いろいろ秀逸なネタがあったわけだが、
 もはやこれに勝るものはないだろう。

長寿医療制度:首相が名称の変更指示 高齢者から批判も(毎日.jp)

 「後期高齢者医療制度」は「長寿医療制度」に変更される。
 「後期高齢者医療広域連合」も「長寿医療広域連合」に変更されるのであろう。
 「後期高齢者医療制度SNS」も「長寿医療制度SNS」に変更しなければならない。

 レセコン会社の営業やSEは、注意されたし。

 「後期高齢者特定入院基本料」「後期高齢者診療料」「後期高齢者退院調整加算」「後期高齢者総合評価加算」「後期高齢者退院時薬剤情報提供料」「後期高齢者退院時栄養・食事管理指導料」「後期高齢者外来患者緊急入院診療加算」

 まだまだ他にもあるが、これ全部、

 「長寿特定入院基本料」「長寿診療料」「長寿退院調整加算」「長寿総合評価加算」「長寿退院時薬剤情報提供料」「長寿退院時栄養・食事管理指導料」「長寿外来患者緊急入院診療加算」

 に変えないと算定されない可能性がある。

 「後期高齢者終末期相談支援料」は「長寿終末期相談支援料」だ。
 名前変えてもあまり目出度くない。

 全国の広域の条例や規則、公印、様式、全て作り直し。
 もちろん市町村の条例も全部作り直し。

 標準システムも莫大な税金を投入して大改修。果たして帳票幾つあるのか?
 気になる木は笑いがとまらないであろう。

 せっかく配ったのに被保険者証も差し替えだ。
 ○ッパンなどはウハウハだ。

 広域のホームページも作り直しで大移転が始まるだろう。
 「kouki」とか入っているドメインなど使えるはずも無い。
 なにせ首相がこの名前はダメだっていっているのだから。
 「choju」とかのドメインは、すぐに抑えにかからないと、大変なことになる。

 で、福田首相は凍結騒ぎに飽き足らず、これだけ税金を無駄づかいして、何がしたいのであろうか。

 福祉制度や医療制度は幼稚園児のオモチャじゃではない。
 いい加減にしてもらいたい。

 現場のドクターたちの反応も冷ややかだ。

ネーミングの問題(Dr.Poohの日記)

physician 2008/04/02 00:17
姥捨山医療制度...女性限定になるのでだめですね。

僻地の産科医 2008/04/02 00:27
「長寿医療制度」というよりは、「これ以上、長寿になるんじゃねぇぞ医療制度」のような気が。

DrPooh 2008/04/02 00:32
制度の実態に沿って「弔辞医療制度」あたりでどうかと。

 さすが、センスに脱帽である。

** 4月5日追記 **

 「長寿医療」については正式名称の変更ではなく、通称名として併記されるべきものであること、
 また既に作成している印刷物等については差し替え不要であることをが判明しました。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 後期高齢者医療制度, 長寿医療制度, 福田康夫,

ナビゲーション

特集記事

カテゴリー

ブログ内検索

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

プロフィール

現職公務員SE Author:現職公務員SE
 シスアドでセキュアドな後期高齢者医療制度SNS管理人。
 後期高齢者医療制度の資格事務担当だったはずがひょんなことで電算担当に。

HSタグクラウド

Feed Me!

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言のRSSフィード

後期高齢者医療制度開始カウントダウン





リンク

中の人

FC2カウンター


公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング ビジネスブログランキング 人気ブログランキング - 公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言

スカウター : 公務員叩きに物申す!?現職公務員の妄言 はてなブックマークカウンター
  • seo