公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言 システム運用保守に、後期高齢者医療制度に、公務員叩き批判に、行政改革に、福祉行政に、ITに、WEB2.0に、SNS管理に、VBに、Scriptに、情報セキュリティに、IPネットワークに、SEOに、ほんの少し家族サービスなブログ。

DATE

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト:
 今年は、後期高齢者医療制度は言うに及ばず、ブログやSNSを巡っても様々なことがあった。
 
 この1年でブログのカウンターは約35万hitを数えた。ブログを始めた昨年からは想像も出来ない数字である。

 ぎょうせい社の月刊ガバナンスに当ブログと後期高齢者医療制度SNSが紹介され、CNETブロガーの隅本証平さんのTOPページからもリンクをいただいた。
 とても光栄なことである。

 SNSについても、まず名称が「後期高齢者医療広域連合設立準備SNS」から「後期高齢者医療制度SNS」となった。
 またFC2SNSの仕様変更に伴い、デザインや機能を含め、大幅リニューアルとなった。
 会員はいつの間にか450人に膨れ上がっていた。一応、個人運営の公務員職域SNSとしては最大規模となろうか。

 見切りではじめたSNSであるが、この一年SNSを通じて非常に多くの人脈が出来た。
 OFF会も数多く開かれ、様々な方と名刺を交換した。
 11月にはささやかながら、SNS開設1周年式典が開かれた。

 普通であれば一生出会うことがない各地の人々と、SNSを通じてめぐり合えることが出来たのは本当に素晴らしいことだと思う。
 過酷な環境であるが、常にSNSが心の支えになっている。


 ↑OFF会で使ったブロガー名刺

 制度開始まであと90日余りであるが、稼働日でいけば実は60日を切っている。
 もう本当に時間は無いのだ。

 来年は泣いても笑っても今までの苦労が成果として現われる年だ。
 最後まで悔いの無いようにしたいものである。

 ともあれ、後期高齢者医療の関係者の方も、関係ない読者の方も、体だけは気をつけていただきたい。

 それでは最後に、

 本年はどうもありがとうございました。
 来年も「公務員叩きに物申す!」をよろしくお願いします。



FC2ブログトラックバックテーマ
第414回「今年、これを頑張りました!」

スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 後期高齢者医療制度, SNS, blog,
 障害認定申請の取下問題については、このブログでも度々取り上げているが、ここで一旦整理してみようと思う。

 まず「高齢者の医療の確保に関する法律第50条第2項」により、従来の老人保健と同様、後期高齢者医療においても一定の障害程度にあると認められたものは65歳から被保険者になることができることが明記されている。
 そして「健康保険法等の一部を改正する法律附則第37条」により、平成20年3月以前に市町村が行った障害認定については、平成20年4月以降、広域連合が行った障害認定と見なす、という規定がある。

 ところが、この障害認定申請は取下が可能である。

 高齢者の医療の確保に関する法律施行規則第8条第2項には、
 「前項の規定(=障害認定)による申請をした者は、いつでも、将来に向かってその申請を撤回することができる。」
 とある。
 また現行の老人保健制度も、明文化はされていないが、障害認定の取下げが可能である。

 つまり現在障害認定で74歳以下で老人保健になっている人は、何も手続きをしなければ自動的に後期高齢者医療の被保険者となり、月々の保険料を年金天引きで払うことになるが、
 もし事前に手続きを行えば、後期高齢者医療に移行しなくなるわけである。
 (また後期高齢に移行した後でも届出時点から取り下げることが可能)

 これの条文に対する各自治体の対応も様々だ。
 
 個別に勧奨通知文を送り、後期高齢者医療制度への移行の意思を確認する自治体もあれば、専用の相談窓口を設ける自治体もある。
 かと思えば、制度全般の中での周知に留め、そういった個別の意向確認を行わない自治体もある。

 各自治体により様々な事情があるため、いずれがベストとも言いがたいが、
 ただ一つ言えるのは、この問題を保険料だけで語るのはあまりにもナンセンスだと言うことだ。


 論より証拠。以下の問題を考えていただきたい。

 「現在65歳以上74歳以下で、老人保健の障害認定を受けられている方は、事前に取下の届出をしていただくことにより、平成20年4月以降も現在の保険に加入し続けることができます」

 さてこれは、本当かウソか?

 市町村国保や社保の本人であれば、恐らく問題はなかろう。
 だが、社保の被扶養者については認定を切られる可能性が絶対にないと言えるだろうか?

 社会保険の扶養認定については、主に血縁や生計の依存関係により判断されるが、その最終的な裁量権は各保険者にある。
 中でも企業の健康保険組合は、社会保険事務所(政府管掌)とは異なる独自の認定基準を持つことが多い。

 一番多いのは、いわゆるニートを扶養家族にすることは認めない、という規定だ。
 たとえばある企業の健康保険組合では、18歳以上から60歳未満のものは就労できない状態(学生、重度障害等)にあることを証明しなければ被扶養者となることは出来ないのである。

 実際に被保険者が扶養していてもニートが扶養から切られるのである。同様な論理で「後期高齢者医療で手厚い医療が提供されるから」と65歳以上の障害者が扶養から切られないとは、どうして断言できようか。
 えげつない言い方をすれば、例えば腎臓障害で透析をじゃんじゃん受けている者を「あと10年面倒見てください」と言われたときに、金勘定にうるさい民間健保は快く承諾するだろうか?

 たとえ厚生労働省や各社会保険事務局が想定していない運用であろうとも、65歳以上障害者の扶養を切る健保は必ず出てくるだろう。(それが法規への理解度の低さによるものか、意図的なものかに関わらず)

 
 他にも給付、とりわけ各自治体の医療助成制度との問題もある。
 が、これは極めてデリケートな政治的問題を内包するため、ここでは割愛、後期高齢者医療制度SNSの中で続きを書こうと思う。


 ともあれ、障害認定申請の取下の取り扱いは極めて難しいことは確かだ。

 なお、以前の記事でも触れたとおり、この障害認定取下規定は、ありとあらゆる「保険の裏技」を作り出す温床となっており、今後様々な社会問題が発生する可能性がある。
 再認定には一定の制限を設けるべきなのかもしれない(取下後の再認定は制度上可能であるが、それを是とするか否とするかは広域連合の判断である)。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 後期高齢者医療制度, 障害認定取下, 医療費,
 出力帳票とオンライン入力の仕様を少し変更するだけで無くなるはずの、毎日の無意味な(この部分自粛)作業とか、
 (この部分自粛)の中身を改変しないと動作しないバッチ処理とか、
 言い始めればキリがない。

 だが、もっとも深刻なのは連携の整合性に関連するものであろう。
 端的に言えば、市町村の住民基本台帳等の情報と、広域連合の保有する情報とに「ズレ」が生ずる可能性があるということだ。(影響範囲は推して知るべし)

 こんなものは概要設計時の問題である。
 (異動事由に「連携開始」「連携終了」の2つを付け加え、ロジックを工夫すれば解決できるはず)

 この段階からの仕様変更が困難なのは誰の目にも明らかであるが、連携を開始している広域も既にあり、最優先に解決してもらわなければならない案件だ。
 もちろん、個人情報の取り扱いに抵触したり、概要設計のミスをユーザーに押し付けるような解決法は、問題外である。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 住民基本台帳, 標準システム, 要求定義, 個人情報保護,
 いうまでもなく情報セキュリティアドミニストレータのことである。
 前日に過去問を数時間解いただけの、正真正銘の一夜漬けであり、正直合格できるとは思っていなかった。

情報セキュアド試験成績

 午前、午後Ⅰ、午後Ⅱ、全て600点以上が合格ラインであり、あまりほめられた成績ではないが、一夜漬けにしては上出来だろう。
 セキュリティポリシーの策定や、情報システム外部監査やシステム導入内部審査の洗礼など、日ごろの実務の下積みが実を結んだといったところか。

 昨年春のシスアド以来、多忙で情報処理試験は不戦敗続きであったが、取り合えずシステム監査技術者と中小企業診断士まで取って独立するという当初の野望妄想に一歩前進である。

 …という話を得意げにしていたら、女房に「寝言は寝て言え」と馬鹿にされた。
 最近睡眠時間も少ないことであるし、不貞寝でもするか。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 情報処理試験, 情報セキュリティアドミニストレータ,
 一週間かかってしまったが、ようやくSNSのアップデートが完了した。

植田言志作の後期高齢者医療制度SNSのTOP絵

  FC2SNSのヴァージョンアップにあわせ、外観のデザインも大きくリニューアルした。
 お見せできないのが残念だが、中の機能やデザインも大きく変わっている。

 変化に戸惑っておられる会員の方も見えるが、慣れれば、今まで以上の機能にきっと満足いただけることであろう。

 TOPは例によって植田言志さんの作であり、このSNSのためにわざわざ無償で書き下ろしていただいた。
 非常に深みのある落ち着いた絵で、個人的にはとても気に入っている。
 
 現在、つくば市のギャラリー彩花で植田言志さんの個展が開かれているので、お近くの方は是非立ち寄られたい。
 
植田言志ペン画展・12月16日まで(ギャラリー彩花便り)
昨日夢草原



はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: SNS, FC2SNS, アップデート, 後期高齢者医療制度SNS, 植田言志,
 FC2サポートよりようやく回答があった。

FC2ユーザサポート(担当者名)と申します。
いつもFC2SNSをご利用頂きありがとうございます。

大変お待たせいたしました。
ご連絡を頂き、現在の移行状況をお調べいたしましたが、
現在もまだ移行状態のようです。
SNSのサイズが大きめですので、お時間がかかっているようです。
大変お待たせして申し訳ございませんが、
今しばらく完了までお待ちくださいませ。

今後ともFC2をよろしくお願い致します。

 不具合が発生していたり、放置されているというわけではなく、単にデータ転送に時間がかかっているだけのようである。
 一安心ではあるが、SNSがしばらく利用できないことには変わりがない。

 しばらくは様子見だ。引き続き会員の方にはご迷惑をかけることになる。ご容赦いただきたい。



はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: SNS, FC2SNS, アップデート, サポート体制,
 SNSアップデート作業から4日目になる。
 昨日、再度問い合わせメールを送信したが、未だFC2からは何の連絡もない。

 FC2の対応が遅いのは今に始まったことではないので、しばし様子を見る他ないが、
 最悪、SNS自体の引越しも考慮に入れる必要が出てきた。
 メッセージ(メール)を除くログのサルベージは何とかなりそうである。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: SNS, FC2SNS, アップデート, サポート体制,
 後期高齢者医療制度SNSが少々困ったことになっている。

 事は1通の以下のメールから始まった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 FC2レンタルSNS をご利用のオーナー様へ
   -新システム移行のお知らせ-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(※重要なお知らせです。最後までお読み下さい。)

平素はFC2レンタルSNSをご利用いただきありがとうございます。
この度、FC2レンタルSNSが新しくリニューアルすることとなりました。
新SNSでは、今までのSNSにはなかった多彩な機能が搭載され、
オーナー、ユーザー様にはきっとご満足いただけると思います。
そこで新システム移行に伴い、オーナー様へお願いがございます。

===========================================================
●オーナー様へデザイン製作のお願い(※必ずお読み下さい。)
===========================================================

新システムへの移行は、オーナー様ご自身で行なっていただきます。
新SNSに移行しますと、従来のSNSのデザインがご利用いただけなく
なります。(デザインデータが移行できない為)
よって、新システムに合わせて、改めてデザインを製作していただく
必要がございます。
オーナー様には多大なご負担をおかけしますが、何卒ご理解のほど
よろしくお願い申し上げます。
尚、デザイン以外のデータ(会員登録情報、日記・コミュニティ等の
ログデータ、メール、画像など)はすべて自動で移行されます。


 で、無い時間を捻出してWEBデザインを行い、移行マニュアルを参考に12月1日の昼ごろアップデートを行った。


■移行実行する前にしておくこと
アップデート中は「アップデート中」というメンテナンス画面に変わり、一時的にSNSへアクセスできなくなりますので、念のため会員様に事前に運用を一時停止する旨をアナウンスしておくことをおすすめします。

※DNSの書き換え作業が入るため、DNSが浸透するまで24時間程度、アクセスできないことが予想されます。

(移行マニュアルより抜粋)


 既に24時間を経過しているのだが、未だ全くアクセスできない状態だ。
 専用の問い合わせ窓口にもメールしたが梨のつぶて。

 過去の経験からも土日に返信があったためしがない。サポートは平日限定としても、アップデートまで平日限定という話じゃあるまいな…

 だが、前述のマニュアルを良く読むと以下のくだりがある。


アップデートが完了すると、FC2IDに登録してあるメールアドレス宛てに完了通知メールが届きます。 その後、DNSの書き換え作業が入るため、DNSが浸透するまで24時間程度、新SNSへアクセスできない場合があります。


 確かによく読むと、DNS浸透に24時間かかると書いてあるだけで、アップデート完了にどれだけかかるとは書いていない。
 そして完了通知メールとやらも、それらしいものは未だ届いていない。

 アップデートはFC2社員の人力オペレーションで平日限定ということか。やられた…。
 SNS利用者の少ない休日を利用し、かつ土曜日→日曜日で完了するようにと日程を設定したのが完全に裏目に出た形である。

 不具合ではなく予想があたっているとすれば、月曜日にFC2の社員が作業を開始したとして、アクセスできるようになるのは最悪火曜日ぐらいになろうか。

 というわけで、しばらくSNSは利用できない状況である。
 管理人の早とちりで会員の皆さんにご迷惑をおかけすることになったことをお詫び申し上げる。どうか、いましばらくお待ちいただきたい。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: SNS, FC2SNS, アップデート, サポート体制,

ナビゲーション

特集記事

カテゴリー

ブログ内検索

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

プロフィール

現職公務員SE Author:現職公務員SE
 シスアドでセキュアドな後期高齢者医療制度SNS管理人。
 後期高齢者医療制度の資格事務担当だったはずがひょんなことで電算担当に。

HSタグクラウド

Feed Me!

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言のRSSフィード

後期高齢者医療制度開始カウントダウン





リンク

中の人

FC2カウンター


公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング ビジネスブログランキング 人気ブログランキング - 公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言

スカウター : 公務員叩きに物申す!?現職公務員の妄言 はてなブックマークカウンター
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。