公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言 システム運用保守に、後期高齢者医療制度に、公務員叩き批判に、行政改革に、福祉行政に、ITに、WEB2.0に、SNS管理に、VBに、Scriptに、情報セキュリティに、IPネットワークに、SEOに、ほんの少し家族サービスなブログ。

DATE

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト:
 医療は利益追求であってはならない。
 だが、利益追求主義と無縁でいられないことも事実である。

 マラリアという病気をご存知であろうか。
 日本では海外での感染者を除き、ほとんど発生しない病気であるが、名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれない。

 ある種の蚊によって感染し、年間3億~5億人の患者、150万人~300万人の死者が発生している。
 感染者の規模において、HIVなどの比ではない。

 マラリアの治療薬としてポピュラーなのはクロロキンであるが、開発から既に60年を経過し、耐性菌が多量に発生している。
 そして、それに変わる決定的な代替薬は無い。
 何より、これだけ世界的な病気であるにも関らず、未だワクチンが存在しない。

 何故であろうか?

 答えは簡潔明瞭だ。
 マラリア治療薬やワクチンは儲からないのである。
  
 マラリア感染者の90%以上がサハラ以南のアフリカ、貧しい国々の人々だ。
 新規に開発された新薬は高い。
 日本やアメリカならともかく、中南部アフリカでは、個人はもちろん、国家レベルでも十分な量を購入するのは困難である。

 1993年のマラリアに対する国際的な研究開発費用は、ガンの約30分の1である。
 売れないことが分かっていて高額な研究資金を投資する製薬会社はいない。
 当たり前の理屈である。
 うまみのある市場あっての研究開発なのだ。
 
 これは日本でも同じである。
 医療は利益追求であってはならない。
 しかし、良い医療を提供するための製薬や医療機器は紛れもなく利益追求主義の産物である。

 だから様々な矛盾が起こる。

** 追記 **

 7月6日、カテゴリーを修正しました。



スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 医療費,

ナビゲーション

特集記事

カテゴリー

ブログ内検索

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

プロフィール

現職公務員SE Author:現職公務員SE
 シスアドでセキュアドな後期高齢者医療制度SNS管理人。
 後期高齢者医療制度の資格事務担当だったはずがひょんなことで電算担当に。

HSタグクラウド

Feed Me!

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言のRSSフィード

後期高齢者医療制度開始カウントダウン





リンク

中の人

FC2カウンター


公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング ビジネスブログランキング 人気ブログランキング - 公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言

スカウター : 公務員叩きに物申す!?現職公務員の妄言 はてなブックマークカウンター
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。