公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言 システム運用保守に、後期高齢者医療制度に、公務員叩き批判に、行政改革に、福祉行政に、ITに、WEB2.0に、SNS管理に、VBに、Scriptに、情報セキュリティに、IPネットワークに、SEOに、ほんの少し家族サービスなブログ。

  • QRコード

  • Top
TAGWORD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト:
ナゾナゾみたいな政省令(案)読み明かすから
週末どこにへも逝けないね

ワクワクテカテカ(AA略)しながら待っていたよ
中旬といったのは誰なの?

時間が無いんだBooooon!

ワープでループなこの制度は
国保も介護も巻き込まれ想像で設計

アル晴レタ日ノ事
魔法以上のフカイが
限りなく降りそそぐ Wordじゃないね…orz
明日変換するけど レイアウトは崩れる
ライセンス探そうか?
大変なんだよ 一・太・郎
読んで見てね 探して見て
証のQRコード ないでしょう?

(※元ネタが分からない人はスルーしてください)
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: ハレ晴レユカイ, 政省令, QRコード, 一太郎,
 そんなものは設定できるはずがない。
 
 いうまでもなく、フリガナは外国人登録法第4条に記載がない。
 システム上管理していない場合もあるし、もしあったとしても、市町村担当者が検索のため便宜的に付けているものであり、外部に提供、ましてや被保険者証という公的証明書に搭載することを想定して付けられているものではない。

 システム上の仕様うんぬんという次元の問題ではない。
 これは政府や他の官庁をも巻き込んだ国際問題になる可能性も秘めているのだ。

 「金」という氏の後期高齢者がいるとする。
 彼の氏は「キン」と読むかもしれないし、「キム」と読むかもしれない。
 あるいは、普段は「ミズノ」と呼ばれているが、その呼称を役所に届けていないだけなのかもしれない。(そして「キン」や「キム」と呼ばれることを甚だ嫌っているかもしれない)

 あたりまえの話であるが、我々が広域への提供データに「キン」という文字列を含めるのであれば、その呼称がそのまま医療機関の窓口で使われるリスクを勘案せねばならない。

 その結果発生したトラブルについて、なんとか省なんとか室や、気になる木のコールセンターに電話をすれば、担当者がすぐに現場に駆けつけて説明を行ってくれる。――そういう仕組みであれば、我々は喜んでフリガナを差し出そう。

 だが、現実はそうではない。

 後期高齢者医療制度は自治事務である。
 フリガナを提供した結果については、全て自分達が責任を取らねばならないのだ。


 どうしても出せというのであれば、無意の文字列、例えば全桁「ア」で埋める等の対応を行うべきであろう。
 医療機関において、外国人のフリガナが被保険者証に無かったとしても診療報酬が請求できないわけではないのだから、それで誰も困るわけではない。
 
 もし今後の医療のグランドデザインに外国人のフリガナが必須であるというのであれば、まず厚生労働省が全国の自治体の外国人登録窓口におけるフリガナの扱いについて、法務省と協議を行うべきである。
 外国人登録法の改正を行うか否かはともかくとしても、少なくとも法務省と連名で、フリガナの付け方に関する統一のガイドラインを示すべきであろう。

 自治体が外国人のフリガナを外部提供し、データベース化が行われるのは、そうした手順を踏んでからの話である。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 外国人登録, フリガナ, 被保険者証, QRコード, 厚生労働省, 法務省,
 そろそろ12月4日の資料が全市町村にいきわたるころでないかと思う。

 一部の資料を除いて公に電子データのものは出回っていないから、ここ数日間で全国で莫大な量の紙が消費されたことは想像に難くない。
 直接出席された事務局や市町村が電子データを起こそうにも、あの文字や図の細かさとページ量では困難であろう。
 厚生労働省の担当の方もお疲れとは思うが、もう少し環境保護に配慮していただきたいものである。

 それにしても、介護、後期高齢、国保の特別徴収関係の資料の厚さが目を引く。
 後日詳しく触れることになるとは思うが、市町村の介護システム(特別徴収部分)の改修は不可避であろう。
 厚生労働省から(市町村の)介護サイドにはどれだけ情報提供しているのであろうか?
 
 今まで(11月22日まで)の資料についても、良く読み込めば、介護システムの改修の可能性は読み取ることができる。
 しかし、市町村の予算要求というものは「漠然とした可能性」や「想像」だけで出来るものではない。
 12月議会の時期になって、後期高齢担当課の職員が介護担当課に「あの分厚い資料」を渡して、
 「来年の秋までに改修お願いします」
 といったら、間違いなく介護担当職員は激怒するだろう。
 そこらへん、もう少し考えていただきたいものである。



 さて今日は別の話、より薄っぺらい資料から片付けようと思う。
 被保険者証にすりこむQRコードの話だ。
 
 被保険者証へのQRコード刷り込みはいくつかの健保や共済が先行して行っている。
 いずれ義務化になるとのことであるが、後期高齢の証でも刷り込むことを想定している。

 QRコードの中には被保険者番号や記号番号など、証の基本的な情報が盛り込まれており、
 医療機関の窓口で読み取って記号番号等の転記誤りを防ごうという試みだ。
 単なる医療機関の書き間違いが、医療機関や保険者、審査支払機関に無益な労力を強いているという分析はそのとおりで、うまく機能すれば有難い話だ。
 将来的には各種保険の資格情報をどこかで一元管理し、即時に使える証かどうかを判別する「オンライン資格確認」の構想もある。

 このQRコード、携帯で読み取れて、記号番号などの中身を見ることができるらしい。
 インターネットを検索すると、「やってみた」というblogがたくさん出てきた。誰しも考えることは同じである。
 こういうのは一業界で複数規格があっては意味が無いから、後期高齢のものも恐らく同じだろう。
 「暗号化しなくて大丈夫か?」という意見もあったが、被保険者証の表面に堂々と書いてあることなぜ暗号化する必要があるか、逆に聞いてみたい気もする。
 QRコードが偽造防止にならないことさえ承知しておけば、別に何の問題も無いだろう。

 さて、厚生労働省はこのQRコード導入で資格過誤の4割が削減可能と試算しているが、これは大風呂敷だ。

 まず母集団が誤っている。
 厚生労働省は16年度支払基金における資格過誤調整件数を元に試算しているが、全国の後期高齢担当課(老人保健担当課)職員を毎月悩ます「一部負担金割合の誤り」は区分の誤りとなるため、資格過誤ではなく事務上過誤に計上されるはずであり、試算の母集団には入ってないと思われる。
 この数は、本市では資格過誤の約5割程度の実績があり、決して無視できない数だ。
 そして証回収前の受診については、返戻による過誤調整を行うことが(医療機関の協力が無い限り)できない。
 そうしたレセプトについては、被保険者(受給者)に不当(不正)利得の返還を求めたり、現行老人保健であれば支払基金を通じて拠出金の調整を行うわけだが、こうした件数も母集団には含まれていない。

 余談だが、医療機関の窓口事務というのは想像以上に過酷だ。担当者の給与も資格過誤の件数によりペナルティが課せられる場合もあるという。
 成績を上げようとすれば「保険者や役所からレセプト返戻の電話がかかってきたら、とにかく「証を見た」としか答えないこと」というマニュアルが出来てもおかしく無い。
 少なくとも私が医療機関や薬局の管理者ならそうする。厚生労働省が診療報酬体系で締め付け、病院の経営が苦しくなればなるほどその傾向は強まるだろう。

 話を元に戻す。
 母集団もこれだけ違うわけだが、中身の内訳についても怪しい部分がある。
 いわゆる「認定外家族」の過誤事由がどこに含まれるか、ということだ。
 「扶養を切られたが証が差し替え(訂正)されていない」というのは記載誤りというより喪失後受診に近いわけだが、
 この件数が「旧証によるもの」や「その他」ではなく「本人家族の誤り」に含まれているのなら、これも誤り要素の1つである。

 何より、医療機関がQRコードを読み取る機械を導入しなければ効果が無いわけだが、
 筆者の主観では、記号番号誤りを起こす医療機関は未だに手書きレセの診療所等が多いような気がする。
 レセコンすら導入しないのに、QRコード機器導入に理解が得られるかどうかは甚だ疑問だ。

 以上より、QRコードによる削減効果はせいぜい2割もあれば良いほうではなかろうか。
 「(連合会を含めない)基金サイドの資格過誤」という極めて特殊な条件下では4割に近くなるかもしれないが、それは実態を正確に表してはいない。
 正味では2割あれば御の字であろう。

 誤解しないでいただきたいのは、筆者はQRコード導入に反対しているわけではない。
 本当の効果はその次のステップ「オンライン資格確認」まで到達しないと得られないということだ。

 「オンライン資格確認」は今までむしろ導入されていないのが不思議なくらいで、クレジットカードでもキャッシュカードでもまず有効かどうか確認してから処理を行うわけだが、
 資格があるかどうか、本人のものかどうかも分からない証に大金を「見切り」で払ってくれる業界はここだけである。

 筆者が懸念するのは、
 大風呂敷を広げたことにより、「予想ほどの効果が無いじゃないか」と叩かれ、第一段階だけで頓挫してしまうことである。
 この試みは「オンライン資格確認」まで行かないと意味が無い。
 広げてしまった風呂敷は元に戻せないから、まずは三師会を説得し、医療機関や薬局への浸透を早期に図るべきだろう。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 厚生労働省, レセプト, QRコード, 被保険者証, 過誤調整, IT化,
5 インターフェース仕様
6 導入スケジュール
 読むの面倒くさくなったからやめた。

以上。終わり。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: LGWAN, 広域連合, QRコード, 被保険者証, 国保中央会,
4.1 システム構成概要
 ずいぶん贅沢な印象を受けるが、システム構成自体はWebシステムに一般的に見られる三層構造(連携→AP→DB)をベースとしている。
 そして、インターネット利用や外部公開用のWebサーバはこの資料に含まれていないため、別途考慮する必要がある。

 なお、※1でにおわせているが、保険者と国保連合会がオンライン接続する「保険者レセプト管理システム」の構想が水面下で動き始めている。二重投資を避ける意味からも、この構想を視野に入れて、ネットワーク構築の要件定義やポリシー調整を行ったほうが良いだろう。

4.2 ハード
 Webシステム三層構造、SAN&ネットワークバックアップ+Ultrium3。聞くだけでも懐が寒くなりそうである。事実、笑えるぐらい金がかかる。
 広域のハード性能が市町村の窓口端末の台数に依存していることから、市町村窓口サーバは中継的な中身がスカスカのサーバであろう。

 で、件の窓口サーバ、シングルかクラスタかは市町村のポリシーに依存という完全責任放棄の書き方である。これでは事務局は困ってしまうだろう。
 ポリシー云々以前に、広域の事務の均一化という政治的な大義名分からすればクラスタ推奨とすべきであるし、負荷分散や費用対効果から大規模市町村=クラスタという観点ならば、その人口目安を書いておくべきだろう。
 余談だが「別添1の隠しページ」にはクラスタを参照しているセル=大規模と書いてある。要するにそういうことなのだろう。(そもそも小規模市町村は窓口サーバが不要な構成も可能ではないか?) 

 保険証については平成22年度にカード化&QRコード刷り込みが義務付けられることが分かっている。当然それを視野にいれたシステム構成にすべきであろう。
 わずか二年間しか使用しない公印印刷専用カラープリンタという発想は馬鹿げている。
 カード化が時期尚早ならば、公印刷り込みの紙に兼用可能なモノクロプリンタで印刷するほうがはるかに良い。

4.3 ソフトウェア
 2.2.2でソフトウェアの仕様については後日ということだが、現時点でどういったソフトウェアを想定しているかは「別添1の隠しページ」を見れば分かる。隠しページの出し方が分からない人は、blog左のメールフォームからこっそり尋ねられたし。

4.4 ネットワーク
 WANの選択(とりわけLGWAN)については余りに大きな問題であり、別の機会に詳しく触れることとしたい。
 オンラインウェイト5秒というのはWebでは珍しくないが、汎用機の操作性に慣れている窓口職員にとっては耐え難い苦痛であろう。
 WANの冗長化という発想はないのであろうか?(窓口サーバをクラスタにしても、ネットワークにトラブルがあれば意味が無いのだが)

4.5 構築作業及び運用保守
 市町村のウィルスパターンファイル更新はどうするの?

4.6 その他の見積項目
 認証サーバが良く分からないが、指認証用サーバのことであろうか?それともドメインコントローラーのことか?
 リモート操作やリモート保守は、LGWAN基本仕様ではできない。だから「リモート保守用ネットワーク回線」(意地悪く言えば「バックドア」)が別途必要なのである。

(続く)


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: Webシステム, LGWAN, QRコード, 国保連合会, 要求定義,

ナビゲーション

特集記事

カテゴリー

ブログ内検索

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

プロフィール

現職公務員SE Author:現職公務員SE
 シスアドでセキュアドな後期高齢者医療制度SNS管理人。
 後期高齢者医療制度の資格事務担当だったはずがひょんなことで電算担当に。

HSタグクラウド

Feed Me!

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言のRSSフィード

後期高齢者医療制度開始カウントダウン





リンク

中の人

FC2カウンター


公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング ビジネスブログランキング 人気ブログランキング - 公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言

スカウター : 公務員叩きに物申す!?現職公務員の妄言 はてなブックマークカウンター
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。