公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言 システム運用保守に、後期高齢者医療制度に、公務員叩き批判に、行政改革に、福祉行政に、ITに、WEB2.0に、SNS管理に、VBに、Scriptに、情報セキュリティに、IPネットワークに、SEOに、ほんの少し家族サービスなブログ。

TAGWORD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト:
 5月1日付で、厚生労働省から特別徴収に関係する各種資料が送付されている。

 しかし、GW最中ということもあって、まだ資料が手元に届いていない市町村も多いことであろう。
 
 「GW休んでなどいられない!一刻も早く中身を見たい!」という働きマンは、東北の某県広域連合HPをくまなく探すと、幸せになれるかもしれない。
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 特別徴収, 広域連合, HP,
 各都道府県の準備委員会事務局のHPが少しずつではあるが、立ち上がってきている。

 その中で特筆すべきは岩手県のものだろう。
 サイトの左側に専用ページというものがある。

 どうやらこの中には意見交換用のBBSがあるらしい。しかもその素材は無料のレンタルBBSと聞く。
 筆者の立場では利用することが出来ないのが非常に残念であるが、実に斬新な試みであると思うし、筆者の管理するSNSの趣旨とも相通じるものがある。

 BBSは実に良い。

 設立準備にかかる検討は、事務局に属する実務者部会等のワークグループで行われているであろうが、
 この方式は(多くの事務局職員が実感しておられると思われるが)万能ではない。
 他部会との調整や情報交換の問題もあるし、対面会議という方式からどうしても出張旅費や経常業務への負担が発生する。そして部会に参加していない市町村は完全に蚊帳の外である。
 アンケートなどでも意見の吸い上げは出来ようが、実施と集約にかなりの時間と手間がかかる。短期間にそうそうバンバンできるものではない。

 ところがBBSではそういった問題は一切ない。
 BBSに入るためのIDとパスワードを広域内の全市町村に知らせておけば、特定の市町村が蚊帳の外にだされることはない。
 意見を述べたい担当が任意の時間に任意のテーマに発言することができる。
 もちろん出張旅費や経常業務への負担もない。

 「BBSは年配職員には敷居が高い」
 いやそんなことはない。現に筆者が管理するSNSにも40代50代の方が少なからずいる。皆自ら望んで会員登録された方々である。
 「BBSではまとまるものもまとまらない」
 いや勘違いしてはいけない。決して筆者は対面式の会議を否定しているわけではない。
 BBSはブレインストームの場だ。意思決定の場ではない。それを受けて部会で各問題を精査すれば良いのである。
 部会に参加できない市町村にしても、発言の場があるのとないのとでは大きな違いだ。(たとえ意思決定に直接携わることが出来ないとしても)

 ここで提言したいのだが、広域連合のHPと、その設立準備委員会のHPとは切り離して考えるべきだ。

 設立準備委員会のHPをそのまま平成19年4月から広域連合のHPとするべきではないということである。
 両者は明確に役割分担をすべきだ。(そして可能ならば、設立準備委員会HPは平成20年3月まで継続するべきである)
 
 広域連合は特別地方公共団体であり、後期高齢者の保険者である。
 ゆえにそのHPが担う広報の役割は大きいし、高齢者を中心としたアクセシビリティにも配慮せねばならない。
 最初の方の記事にも書いたが、公開サーバを自前で持つかどうかとか、あるいはドメインの問題もあるだろう。
 
 設立準備委員会は地方公共団体でもなければ保険者でもない。
 HPもぶっちゃけ、関係者向けと割り切っていい。ドメインにもさほどこだわらなくて良いだろう。
 
 一方で予算がないから、HPの立ち上げは平成19年度からにせざるを得ないという事務局の話もよく聞くが、
 何もHPに金をかける必要はないのである。

 現に筆者は、HPにもblogにもSNSにも、自己資金は一円たりともかけていない。
 どこかの無料HPレンタルサービスで十分ではないか。
 準備委員会であればアクセシビリティもクソもない。正式な地方公共団体ではないから業者広告が入っても気にすることはない。
 (むしろこの段階で金をかけることのほうが、税金の無駄遣いと県民に叱責を受けるだろう)
 HP構築自体もHP作成ソフトを用いての素人作業で良い。

 そしてどうせ作るなら広域内の市町村職員が自由に意見交換できるBBSをつけるべきだ。
 もちろんBBSも無料でレンタルできる。

 規約、組織図、部会等のページを含めても、3日程度もあれば十分に作成できるはずだ。

 設立準備委員会のHPは、文字通り設立準備のためにあるべきではなかろうか?
 ならば体裁にこだわらず、もっとフランクにしてみてもいいだろう。

 是非「設立準備の場」として、47都道府県がHPを立ち上げていただきたいものである。



はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: BBS, SNS, HP, 広域連合,

ナビゲーション

特集記事

カテゴリー

ブログ内検索

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

プロフィール

現職公務員SE Author:現職公務員SE
 シスアドでセキュアドな後期高齢者医療制度SNS管理人。
 後期高齢者医療制度の資格事務担当だったはずがひょんなことで電算担当に。

HSタグクラウド

Feed Me!

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言のRSSフィード

後期高齢者医療制度開始カウントダウン





リンク

中の人

FC2カウンター


公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング ビジネスブログランキング 人気ブログランキング - 公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言

スカウター : 公務員叩きに物申す!?現職公務員の妄言 はてなブックマークカウンター
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。