公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言 システム運用保守に、後期高齢者医療制度に、公務員叩き批判に、行政改革に、福祉行政に、ITに、WEB2.0に、SNS管理に、VBに、Scriptに、情報セキュリティに、IPネットワークに、SEOに、ほんの少し家族サービスなブログ。

TAGWORD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト:
 間があいてしまったが、外字の著作権の話の続きである。

 外字の字面に著作権はないが、それを出力するためのデジタルフォントには著作権が存在する。そして文字コード定義に著作権があるかどうかは分からない、というところで話が終わっていたが、
 文字コードの件について、(財)ソフトウェア情報センターの見解を電子メールでいただいたので、まずこれを披露したい。



H.N.現職公務員SE 様

(財)ソフトウェア情報センター著作権登録部より、
ご質問の件について回答させて頂きます。

> フォントの文字コードの著作権についてお尋ねします。
>
> フォントの字形(タイプフェイス)については判例等より著作権の保護対象となら
> ず、またフォントを出力するためのプログラムのソースコードにはいわゆる「プロ

> ラムの著作権」が存在するものと認識していますが、
> その文字コードについてはバイナリデータとタイプフェイスを関連付けた、いわば
> データベースであり、それ単体ではプログラムの著作権は適用されないと思われま

> が、いかがでしょうか。

フォントを出力するためのプログラムのソースコードには創作性があると一般
に考えられます。(誰が書いても同じになるような部分は裁判所により創作性
が否定されることもありますが、プログラム全体としては一般に創作性がある
と考えられます。)

プログラムの中の文字コード定義、タイプフェース定義の部分は誰が書いても同
じものになるため、創作性はないと考えられますが、プログラム全体としては
一般に創作性があると考えられます。

なお文字コードとタイプフェイスを関連付けたものがデータベースとして製品化
されており、その配列などに創作性があれば、データベースの著作物として著作
権により保護されることになりますが、お問い合わせのケースでは該当しないと
考えられます。


> また、市町村合併や広域連合設立等で、自治体同士の外字を集約して同定し、新た
> な外字コードを作成する場合、著作権上の何らかの問題が生じますか。

特に問題は生じないと思います。

以上、よろしくお願い致します。
--------------------------------------------------
(財)ソフトウェア情報センター 著作権登録部
105-**** 東京都港区****-*-* **ビル*F
TEL:03-****-**** 
FAX:03-****-****
Eメール:*******@******.or.jp
URL:http://www.******.or.jp/*******/index.htm
--------------------------------------------------



 要するに、文字コード定義自体は創作性がないため著作権は発生しないが、そこにプログラムのソースコードやデータベース配列が加わり、独自性や創作性が生じてくると著作権も関係してくるということのようだ。

 そして、「自治体同士の外字を集約して同定し、新たな外字コードを作成する」のに特に著作権上の問題はない、とのこと。
 となれば、残りは統一文字コードのデジタルフォントの著作権問題のみかと思われるが、
 実はもう1つ問題がある。

 市町村で独自に保有する外字も、字面や文字コード定義には著作権はないが、出力するためのデジタルフォントにはプログラム群やデータ群が含まれ、著作権が存在する。

 このプログラム著作権が、市町村の単独保有であれば問題はない。
 ベンダと市町村との共同保有や、ベンダ単独保有である場合、少々やっかいな問題が生ずる可能性がある。

 ベンダがプログラム著作権を保有する場合、契約により市町村にそのプログラムを利用する許諾を与えていることになる。
 プログラムがパッケージソフトのようなものである場合、この利用許諾はソフトウェアライセンスという形態を取るが、法律的には同じことである。

 厳密なことをいえば、日本著作権法に使用権や利用権という概念はない。
 著作権者が権利を有する複製権、頒布権、公衆送信権を初めとした著作財産権にかかる行為に関し、民法上の契約行為により許諾を受ける事項を、慣例で使用権や利用権と呼んでいるだけである。

 お分かりだろうか。
 著作権上の問題はなくとも、それに絡む民法上契約に関し、問題が生ずる可能性があるということだ。

 外字を使用するにあたり、市町村はベンダと契約を結んでいる。
 契約は何でもかんでもOKというようにはなっていない。

 例えばソフトウェアの著作権表示を削除するな、とか、
 リバースエンジニアリング禁止、とか、
 逆アセンブル禁止、とか、
 そういったもろもろのことが契約書や利用許諾書に記載されているはずだ。

 その契約は平素の利用、例えば端末ディスプレイへの外字の表示や、プリンタを通じて帳票に印字する行為については、何ら問題のない契約内容になっているはずである。
 ところが、外字のタイプフェイスを厚労省の指定する仕様で広域連合に提供する行為は平素の利用ではない。
 これが、ベンダと市町村の契約上、許諾されている利用範囲に含まれる行為かどうか。

 要はそういうことである。

 この問題をクリアできない場合、契約の変更や追加契約を行ったり、
 最悪対象文字を一度印字し、再度読み取ってイメージ化する等の加工が必要になる。
 
 市町村担当者は、一度契約書を確認しておくべきだろう。
 またベンダ側も、別にプログラムの中身が広域に流れていくわけではないのだから、寛大な対応を望みたいところだ。

 とりあえず、早期に解決しておきたい懸案事項の1つである。


スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 外字, 著作権, デジタルフォント,
 一昨日よりFC2blogにある機能が実装された。

平素よりFC2ブログをご利用いただき、誠にありがとうございます。

本日絵文字エディタに共有機能を実装いたしました。
共有機能とは、作成した絵文字をユーザー間で共有できる機能です。

絵文字エディタ起動後の画面で、ユーザーの作った絵文字を見ること
ができます。もちろん気に入った絵文字があれば自分のブログに挿入
することも可能です。ブログへの挿入は気に入った絵文字をクリック
するだけ投稿フォームに絵文字のタグが挿入されます。

今後ともFC2ブログをよろしくお願い致します。

※ 更に機能強化開発中ですのでご期待下さい。

絵文字共有機能を追加しました



 FC2は精力的に新しい機能を開拓するので非常に好感が持てるし、次はどんなことをしてくれるのだろうか、と楽しみでもある。

 ところが今回ばかりは話が中々やっかいだ。
 やっかいな理由は上記の記事のユーザからよせられたコメントの部分を見れば分かる。

 そう、著作権の問題である。

 著作物とは、美術、音楽、文芸、学術に属する作品であるが、絵文字も、たとえ16×16ピクセルのサイズであろうとも絵画の一種として著作物とみなされ、その作者は著作権を有する。
 そしてそれはFC2の規約にも以下のように書かれていることから明らかである。


■著作権について
 ユーザーはFC2ブログ内においてユーザーが作成したテキスト・画像・テンプレート等の内容について著作権を有するものとします。
 FC2はユーザーが作成したコンテンツを転載、要約する権利を有します。



 許諾無く共有絵文字をblogに使用すれば、著作権者の複製権の侵害に当たる。

 ようするに犯罪である。


著作権法第百十九条  次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一  著作者人格権、著作権、出版権、実演家人格権又は著作隣接権を侵害した者



 ここで、ポイントは2つある。

 1.本当に勝手に絵文字を使うと犯罪なのか。
 2.こんな機能をつけて、法律上FC2は問題ないのか。

 まず1であるが、以下の絵文字を見て欲しい。

樹

 この絵文字は以下のようなhtml文で構成されている。

<img src="http://blog-imgs-1.fc2.com/emoji/2007-02-06/3194.gif" alt="樹" border="0" style="border:0;" class="emoji">

 即ちblog中の絵文字は、FC2のサーバーにUPされたデータを参照している状態である。
 この状態が著作権法上どうか、ということだが、社団法人著作権情報センターのサイトにちょうどこれに当てはまる事例がある。


Q.ホームぺージを作成するに当たり、他人の著作物を利用したいのですが、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

A.ホームページを作成するに当たって他人の著作物をホームページに取り込むことがあります。この場合には電子信号によってパソコンのハードディスクやフロッピーなどに複製することになるので複製権の処理が必要になります。
 私的使用のための複製は自由であるという趣旨の規定がありますので(著作権法第30条)、会社などで作成する場合はともかく、みずからの趣味としてホームページを作成する場合には複製権の処理が必要ないように見受けますが、ホームページは不特定多数の人からのアクセスが可能であり、またそれを予期して作成するものであるところから、「私的使用」の範疇を超えるものであって、権利者から複製の許諾をとらなければならないものと考えます。また、プロバイダーのサーバーにアップロードする際には送信可能化権が働きますのでこの処理も必要であることに注意してください。(後略)
http://www.cric.or.jp/qa/multimedia/multi13_qa.html



 要するにblogでの絵文字利用は著作権法第30条の「私的使用を目的とした複製」とは認められず、また第32条の常識的な「引用」の範囲も超えていると思われる。
 絵文字作成者から複製権の許諾を得ずに無断使用すれば、まぎれも無い犯罪行為。五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金またはその両方ということである。

 きゃー!

 じゃあ、FC2の責任はどうなんだ!、という話だが、

 まず、ユーザーが作った絵文字がFC2のサーバーにUPされ、全ユーザーが参照できる状態自体がまずいのではないか、という疑問がある。
 これについては前述のFC2blogの利用規約にもあるとおり、「FC2はユーザーが作成したコンテンツを転載する権利を有する」
 即ち、blogサービスを利用する時点で暗に複製権を許諾しているものとみなされるから、法律上問題ない。

 じゃあ、著作権侵害を容易にする絵文字機能の提供はどうか。
 いわゆる幇助罪にあたるのではないか?

 絵文字をblogに貼り付ける機能は特定のhtmlソースを文中に挿入するスクリプトを提供しているだけである。
 同じhtml文は、心得があるものならば手打ちで作成できるし、そうしたhtml文で他人のblogの画像を拝借することも可能だ。

 意地悪い言い方をすれば、FC2は道具を与えただけ。やろうと思えば、ツールが無くてもできる。
 果たして包丁による殺人は、包丁を売った金物屋の責任なのか?ということである。

 Winnyにも関係する話であるが、現実に幇助罪というのは立証が困難で、適用される可能性は非常に低いといわれる。
 そして利用規約にもう一つ、以下の文言がある。


■禁止行為について
 ユーザーは本サービスの利用について以下の行為を禁止します。禁止行為を行った場合は予告なく利用を停止しするとともに、禁止行為に基づきFC2または第三者が損害を被った場合は、当該ユーザーはこれを賠償するものとします。

1、法令に抵触する内容、及び画像、記事、音楽、ソフトウェアなどの著作権侵害する行為、および違法な行為を勧誘または助長する行為。



 また、他のユーザーが作成した絵文字を参照するときに、そのIDが出る。
 前述のスタッフblogに寄せられたコメントの中には「IDまで晒されて我慢ならない!」という記述があったが、
 邪推すれば、これは絵文字を利用する許諾を該当作成ユーザーに取るための手段として表示されているものなのかもしれない。

 つまり、
 「ID出るから連絡取ることも可能だったのに、どうして事前に許諾を取らなかったの? 利用規約にも著作権を侵害するような無断使用はするなって書いてあるでしょ! 便利な道具を提供してあげたのに、どうしてそんな犯罪的な使い方をするの?」
 ということなのであろう。

 いやー、怖い考えになってきた。

 で、ユーザー同士で著作権侵害罪を巡る訴訟とか、FC2がその幇助罪で訴えられるとか、そういう最悪の事態を回避する手段は、
 ずばり平成19年2月10日以前に登録された絵文字データを削除するか、他ユーザーからアクセスできなくすることである。

 同じ著作物である共有プラグインや共有テンプレートが、問題なく運用されているのは、明らかにそれが他人に利用されることを前提としているからだ。
 つまり、それをUPした時点で、暗に利用者に複製権を許諾しているとみなされるわけである。
 もちろんプラグインやテンプレの作成者もそのつもりでUPしているであろう。
 (もし過去に、UPしておいて「勝手にプラグインやテンプレ使うな著作権違反だ!」と主張したユーザーがいたら教えて欲しい)

 問題は、絵文字が共有されると全ユーザーに告知されていなかった点にある。
 故に平成19年2月10日以前に絵文字を登録したユーザーは、こうした共有利用に許諾しているとはみなされない。
 FC2は、とりあえずこの部分だけ対処すれば、法律上のもめごとは何とかなる。

 自分が仮にFC2の管理者であれば、ただでさえ重いサーバに更に制御処理をかけるなどという愚かなことはしない。
 平成19年2月10日以前の絵文字をざっくり削除だ!
 絵文字の保存は日付ごとのディレクトリ構造になっているから造作も無いことだ。

 平成19年2月10日以前にデータを登録したユーザーからのクレームはどうするかって?
 大丈夫、以下の規約がある!


■免責事項について
 ユーザーは自己の責任において、自己の作成したデータ全てを保存するものとします。FC2BLOGサーバーは、ユーザーのデータの保存を保証しないものとし、ユーザーはFC2BLOGに対して本サービスで保存するデータの消失に対する損害や責任について一切を免責するものとします。



 何とでも言うが良い。
 これが役人の悪知恵という奴である。(ウソです)

 さて、悪い冗談はさておき、FC2blogの共有絵文字、
 ここらへんの著作権の問題が解決するまで、絶対に使わないことをオススメする。

 もう一度良く利用規約を読んで欲しいが、訴訟が起きたときFC2は一切弁護してくれない。むしろ裁判においては敵に回る可能性が高い。
 自分の身を守ることができるのは自分だけである。


■ユーザの負担・責任について
 ユーザーは、本サービスの利用について、以下の負担と責任を負うものとします。
 ユーザーがサービス中に送信したコンテンツ、ユーザーによるサービスの利用、ユーザーのサービスへの接続、ユーザーの本規約違反もしくはユーザーによる第三者の権利侵害に起因または関連して生じたすべてのクレームや請求については、ユーザーの費用と責任で解決するものとします。
 また、当該クレームや請求への対応に関連して当サイト運営者に費用が発生した場合または賠償金等の支払いを行った場合については、ユーザーは当該費用および賠償金等(当サイト運営者が支払った弁護士費用を含みます)を負担するものとします。自己の作成したコミュニティへの書き込みについて、ユーザーは第三者の書き込みに対してもその管理義務を負うものとし、また、当該書き込みについては、ユーザーが表示した情報と同様の適用を受けます。
 コミュニティ内で紛争が起こった場合は、当該ユーザーは自己の責任で解決するものとし、fc2または第三者が損害を被った場合は、当該ユーザーはこれを賠償するものとします。




はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: FC2ブログ, 著作権, 絵文字,
 オープンソースの話でalittlethingさんから著作権がらみのトラックバックをいただいたのがきっかけで気づいたのだが、
 例の未定稿にこういうくだりがある。

 本方式については,現在検討中のものであり,今後著作権などに関して関係する省庁などとの調整等を踏まえて実現可否を決定することになります。

 そういえば某SNSでも「住基ネット外字の版権は…」と言及していた会員がいた。
 果たして文字コードや外字に著作権があるのであろうか。

 もしそうであるならば、外字を広域連合に提供して同定作業を行うこと自体、いろいろ面倒な事前調整が必要であることになる。
 いやそもそも、外字自体に著作権があるのならば、その外字が用いられている住民票の写しなどの印刷物をコピーすることに著作権法上の制約が発生するであろう。
 そんなことがあるのだろうか。

 過去には字面(タイプフェイス)には著作権が認められないという判例がある。
 一方で、外字のデジタルフォントには著作権が存在するという判例もある。
 http://www.kondolaw.jp/hanrei_font.html

 では、住基ネットの統一文字コードの場合はどうなのであろうか。

 ややこしいので、ここでひとまず用語を整理しよう。
 
 字面(タイプフェイス)というのは、特定の文字の見た目である。表現形式ということもできる。
 例えば「字」という漢字は明朝体的な表現も出来るし、ゴシック体的な表現も出来るし、筆記体や毛筆体にも出来る。
 しかし文字としてはいずれも「字」であり、字面によって文字の本質(意)が変化するわけではない。

 そしてあらゆる文字に対応する字面の一式が、いわゆるフォントである。

 一方で文字コードというのは、電算処理されるバイナリ(二進数)コードとそれに対応する文字を結びつける規格、決まりごとであり、JIS、SHIFT-JIS、Unicodeなどが代表的な文字コードである。
 が、その文字がどのような字面であるかは文字コードではなくフォントで決まるわけである。

 未定稿などで取沙汰されてきたのは文字コードのことについてであるが、
 実際我々が被保険者証や賦課決定通知書を作成するためには文字コードだけでは成しえない。
 文字コードによって指定される文字の字面を各種出力装置(ディスプレイやプリンタなど)に出力するためのプログラム群やデータ群が必要である。
 要するに、これがデジタルフォントである。

 プログラムはいうまでもなく著作物である。それは著作権法第2条にも明記があるし、それを登録するための専用の法律や、団体もある。
 構成要素としてプログラムを有するデジタルフォントには、当然著作権が存在する、という論理であり、
 現に我々は外字ソフトウェアのライセンスを購入するという形で、そのデジタルフォントの利用権を得ているわけである。

 そう考えれば、未定稿でいうところの「著作権」も「統一文字コード」そのものではなく、それに対応するデジタルフォントたる「住基ネット明朝」の著作権のことを差し、
 「調整」というのは、標準システムに住基ネット明朝を実装するための著作権上の調整のことと考えるのが自然である。

 が、もしかすると統一文字コード自体にも著作権が存在するのかもしれない。

 規格や決まりごとに著作権があるというのは変な話だ。実際、UnicodeやUTF-8の著作権など聞いたことがない。
 だが、経済産業省はJISの著作権が日本国にあると主張している。
 この考えが著作権法上正しいのかどうか分からないが、もし是とするならば統一文字コード自体に著作権が存在してもおかしくない。
 
 ともあれ統一文字コードの件については厚生労働省が上手くやってくれることを祈るしかないが、
 実はこうした著作権の問題、最初に述べたとおり、市町村や広域も無縁ではない。

 その話については次回にしたいと思う。
 


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 外字, 著作権, 統一文字コード,

ナビゲーション

特集記事

カテゴリー

ブログ内検索

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

プロフィール

現職公務員SE Author:現職公務員SE
 シスアドでセキュアドな後期高齢者医療制度SNS管理人。
 後期高齢者医療制度の資格事務担当だったはずがひょんなことで電算担当に。

HSタグクラウド

Feed Me!

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言のRSSフィード

後期高齢者医療制度開始カウントダウン





リンク

中の人

FC2カウンター


公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング ビジネスブログランキング 人気ブログランキング - 公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言

スカウター : 公務員叩きに物申す!?現職公務員の妄言 はてなブックマークカウンター
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。