公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言 システム運用保守に、後期高齢者医療制度に、公務員叩き批判に、行政改革に、福祉行政に、ITに、WEB2.0に、SNS管理に、VBに、Scriptに、情報セキュリティに、IPネットワークに、SEOに、ほんの少し家族サービスなブログ。

TAGWORD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト:
先日、某所でSNS会員の方々の「卒業式」を行った。

早いもので、平成18年の夏から広域連合の立ち上げに携わった、いわばSNS一期生はもう3年目だ。
そろそろ世代交代の時期である。

初期のころ、ブログにコメントを書いていただいた方、
メールフォームから意見を投稿していただいた方、
資料と情報集めに奔走していただいた方、
SNS内に積極的に投稿し、大いに盛り上げていただいた方、

ヴァーチャルのつながりから始まった関係が、
いまや顔を突き合わせて、ブログ論や電算担当者論で時の経つのも忘れて語り合うほどになっている。

通常の生活をしていれば、近隣の役所の職員ですら知り合う機会はほとんどなかろうが、
幸か不幸か、この後期高齢者医療制度に携わったために、自分は非常に多くの、遠方の友人を得ることとなった。
とても不可思議な事である。

思い返せば、長かったのか短かったのか。

一年目は闇の中を手探りで進むようであった。
情報が枯渇し、五里霧中の中でわずかながらの明かりを灯そうと右往左往した。

二年目は檻の中で鎖につながれているようであった。
為さねばならぬことが山積していき、それを解く手がかりは全く与えられず、時間のみが悪戯に過ぎていった。

三年目は多くは語るまい。
制度開始に間に合わせるために奔走した先駆者たちは、泥棒や人殺し呼ばわりされ、全国で多くの担当者が心の病で舞台から去った。

毎日のように何か攻撃ネタはないかと、ニヤニヤうすら笑いを浮かべながら周囲を徘徊していた連中は、忘れたくても忘れられないが、
我々を散々なぶりものにしてくれた彼らが、いまや経済的に危機的状況らしい。

詳細については割愛するが、
公務員や医者や、その他顧客となりうる様々な業界を(一部捏造ややらせも織り交ぜて)散々たたき続ければ、購買層がいなくなるのは当たり前であるし、
日本はダメだ最悪だ、といい続ければ、景気が悪くなって企業が落とす広告費が減るのも目に見えている。
そして時代の変革から目を背け、「若者の活字離れが悪い」と自らの企業努力を放棄していれば、滅び行くのは中学生でも分かる話である。

噂によれば、今年の夏ぐらいに、まず変(この部分自粛)らしい。
まさに自業自得、溜飲が下がる思いではあるが、
彼らの凋落は旧世代、古い価値観の終焉を象徴するものであろう。

ある意味、後期高齢者医療制度には旧世代の矛盾が集約され、限界を露呈したともいえるが、
その屋代骨、インフラ部分を整備し支えてきたのはSNS会員の多くを占める団塊ジュニアの世代である。

受験戦争や能力主義を強いられ、雇用確保の犠牲となり、価値観は完膚なきまでに破壊否定され、そして福祉という名のもとに搾取され続け、
団塊世代とその上の世代から、凄惨なまでに虐待されつづけられている(現在進行形)我々、団塊ジュニアの世代である。

悲観しているわけではない。むしろ逆。
お気楽、無責任、右肩上がりの社会を安穏と謳歌してきた脆弱な世代とは、根本的に鍛え方がちがうのである。

この制度に関わってしまったがために、我々はボコボコにされたが、
そんなのものは慣れっこである。
我々の世代は生きながらに皆ボコボコであり、雑草のような生命力、うたれづよさを持っている。

しかも彼らは、各市町村の代表として、地方公共団体の立ち上げという、
一般人はおろか公務員であってもほとんど携わる機会のない偉業を成し遂げた面々である。

故郷に帰った後もその貴重な経験を活かし、どんな苦境も乗り越え、将来要職に付き、
いずれまた行政の大きな変革時に、より大きな表舞台で再びめぐり合うであろう事を確信する。

この縁、まさに値千金―
後期高齢者医療制度を卒業する彼らの前途に幸あらんことを。



さて、自分の卒業はいつかとなげき、団塊世代の上司に小突かれながら、黙々と書類の作成に勤しむのである。

スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 後期高齢者医療制度, 広域連合, SNS,

何?「俺たちは被保険者証を引きわたすだけの仕事なのに」だって?

逆に考えるんだ。

第2条第9号の中には 「後期高齢者医療広域連合、厚生労働省、国保中央会、気になる木、ならびに気になる木のシステムの不具合に関する苦情の処理」が含まれていると考えるんだ。






はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 後期高齢者医療制度, 広域連合, 厚生労働省, 被保険者証, 標準システム,
 あのね、4月から全国で、保険料を滞納しているわけでもないのに保険証を持っていない後期高齢者の方がたくさん出てきますよ。

 そういう方々が受診されても、追い返さないんで欲しいんです。

 別に暴露とかそういうのじゃありません。
 だってどうせあと1か月もしたら、全国で明らかになるんだから。



 後期高齢者医療制度は、国がなんとか中央会に作成を委託した後期高齢者医療広域連合電算処理システム、通称「標準システム」って奴を全国で使っています。
 
 これね、後期高齢者の方が住所異動をされても、新しい保険証すぐに出せないんですよ。
 出すのに早くて翌日、悪くすれば1週間ぐらいかかってしまいます。

 正確に言えば、すぐに保険証を作れないことはないんだけれども、
 一からデータを全て入力しなければならない。
 しかも下手に入力間違いをすれば取り返しのないことになってしまう。

 人ってのは絶対に操作間違いを起こすものですから、その前提で防護策が様々用意されているが普通ですが、
 残念ながら、後期高齢者の保険証を作るためのシステムは、普通じゃあない。

 「標準システム」のオンラインはボロボロです。
 ていうか、あんなものオンラインとも呼べない。
 フールプルーフが皆無で、しかもバグの巣窟と判明するや機能を凍結って、もうね。

 「データに不整合があって間違った保険証が出てしまったとしても、間違ったデータを送信した市町村が悪いだけだから、保険者の広域連合がどうこうする必要は無い」
 とのTSHSの電波発言があったとかなかったとか、
 まあそんなことはどうでも良いんですが、
 現場から程遠い「偉い人」「そういう思想」で作ったシステムですから、もうどうしようもない。
 社保庁の年金記録がああいう風になってしまった理由も良く分かるというものです。

 まあ、もともと以前の記事でも触れたとおり、仕様どおりに正しくデータを提出しても不整合が起こるシステムですからね。
 そういった何とか中央会の要件定義の甘さとかバグの類を、市町村のせいにされちゃあ、たまったものじゃあない。
 現場はデータの崩壊を食い止めるのに必死です。
 特に政令市は被害甚大。このシステムの尻拭いのために一体どれだけの貴重な税金が投入されているか、想像も付きません。

 もうね。あの省と何とか中央会にシステム作らせるのはやめましょうよ。もう十分でしょう。
 
 今、手元にある標準システムは、各広域が1千万円ずつ出資し、47広域が約5億で「気になる木」と随契して、全面改修しましょう。
 オンラインインターフェースを少し見直すだけでも、1広域(ならびに構成市町村)あたり年間1人以上の人件費は絶対節約できますよ。



 とりあえず、多くの広域で「社保庁の二の舞」となるよりも、引越しした後期高齢者の方に多少の不便を強いる方を選択すると思います。
 長い目で見れば、その方がメリットがあると思います。

 「この方は保険証の手続き中です」とか、保険証の変わりに怪しい書類を持った後期高齢者が4月から医療機関を訪れるようになると思います。
 そういった方々が訪れても、決して追い返さず、次回の来院時に保険証を確認してあげてください。

 どうかお願いいたします。



保険証の即時交付について、自分の意見を投票してみる


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 後期高齢者医療制度, 厚生労働省, 広域連合, 被保険者証, 国保中央会,
 47都道府県の後期高齢者医療広域連合のHPが出揃ったので、ちょっと作ってみた。

↓クリックで地図を表示
全国後期高齢者医療広域連合マップ

 各広域連合のHPで公開されている住所と電話番号は、著作権が発生しない(創作性がない)公開情報として無断転載した。
 問題ないとは思うが、何かあればメールフォームからご連絡いただきたい。
 (なお、住所や電話番号を画像処理したうえで公開している広域のものは転載していない)

 代わりに、と言っては何だが、サンプルソースを公開する。
 編集してHPに上げるもよし、改変して再配布するもよし、自由に利用していただいて差し支えない。

【サンプルソース】
↑右クリックからファイルを保存

 留意点であるが、まずGooglemap APIにて登録を行い、各ドメインで利用するためのAPIキーをもらう必要がある。
 取得したAPIキーはサンプルソース中の"【キー】"と置き換えていただければOKである。
 文字コードはUTF-8でないと上手くいかないみたいだ。

 なお、中身の情報は各広域HPで公開されている住所・電話番号を元にしているが、内容の正確性や最新の情報に更新されることを保証するものではない。
 もし各広域の住所や電話番号に変更が生じた場合、あるいは誤りがあった場合、メンテナンスは(ソースの中身のコメントを参考に)各自で行なっていただく必要がある。
 また、利用により生じた問題についても責任を負いかねるので、悪しからず。
 
 中身をいじるにはGooglemapのリファレンスを参考に。



はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 後期高齢者医療制度, 広域連合, google,
千葉県と神奈川県の各後期高齢者医療広域連合が、広域計画の案を公表し、パブリックコメントを募集している。

千葉県については5月25日、神奈川県については5月31日までが期限だ。

詳細は以下を参照されたし↓
パブリックコメント(千葉県後期高齢者医療広域連合)
パブリックコメント(神奈川県後期高齢者医療広域連合公式サイト)

なお広域計画については、広島県が全国に先駆けて策定、公表している。
広島県後期高齢者医療広域連合広域計画



はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: パブリックコメント, 後期高齢者医療制度, 広域連合,

ナビゲーション

特集記事

カテゴリー

ブログ内検索

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

プロフィール

現職公務員SE Author:現職公務員SE
 シスアドでセキュアドな後期高齢者医療制度SNS管理人。
 後期高齢者医療制度の資格事務担当だったはずがひょんなことで電算担当に。

HSタグクラウド

Feed Me!

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言のRSSフィード

後期高齢者医療制度開始カウントダウン





リンク

中の人

FC2カウンター


公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング ビジネスブログランキング 人気ブログランキング - 公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言

スカウター : 公務員叩きに物申す!?現職公務員の妄言 はてなブックマークカウンター
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。