FC2ブログ

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言 システム運用保守に、後期高齢者医療制度に、公務員叩き批判に、行政改革に、福祉行政に、ITに、WEB2.0に、SNS管理に、VBに、Scriptに、情報セキュリティに、IPネットワークに、SEOに、ほんの少し家族サービスなブログ。

  • 外国人登録

  • Top
TAGWORD

 そもそも名前のふりがなって(ある地方公務員電算担当のナヤミ)
 名前のふりがなって難しいのです(ある地方公務員電算担当のナヤミ)

 alittlethingさんがフリガナについて明晰に語られているので、それに便乗。

 【ウェブ魚拓】年金氏名 自動読み仮名ソフト導入 入力ミス誘発、システム欠陥(Sankei WEB)

 alittlethingさんのブログでも引用されている上記の記事では、まるでフリガナが不正確なのがいけないような物言いだが、それは筋違いである。
 実際、自治体の管理するフリガナはかなり不正確(?)であるわけだが、それ自体が何か問題があるわけではない。

 何がいいたいかというと、自治体はそれぞれ独自の基準でフリガナを保有しているということなのだ。

 例えば「加持 リョウジ」という氏名のフリガナは、自治体によって「カジ リョウジ」だったり「カシ リョウシ」だったり「カジ リヨウジ」だったり「カシ リヨウシ」だったりする。
 「渚 カヲル」「ナギサ カヲル」だったり「ナギサ カオル」だったり「ナキサ カヲル」だったり「ナキサ カオル」だったりする。
 「ヅ」「ズ」「ヂ」「ジ」を区別しない(置き換えている)自治体もある。

 これらは検索時のマッチ率向上、ゆらぎ防止のために(要するに事務効率向上のために)自治体が独自にフリガナを加工しているもので、その仕様は自治体ごとにまちまちである。

 住基ネットの際にフリガナの統一基準が作られたのかと思ったが、どうやらそうではなく、各自治体がこバラバラの基準のフリガナを勝手に住基ネットに登録しているらしい。
 住基ネット批評で有名なほら貝では、住基ネットの過剰な検索機能を批判しているが、こうした仕様が導入された背景には、フリガナの統一性の無さが無縁ではないのかもしれない。

 外国人登録の方は更にバリエーション豊かとなる。

 数が少ないからという理由でフリガナを保有しなかったり、冒頭1文字しかフリガナを保有しない自治体が存在する。これは、事務に必須でない情報は保有しないという、個人情報保護の原則に叶っている。
 漢字圏以外はアルファベットで保有している市町村もある。検索の速さや正確性という観点からすれば、アルファベット表記の氏名に無理にカタカナの読みをつけるよりもはるかに合理的である。

 フリガナは、各自治体が検索のために(言い換えれば事務効率の向上のために)任意で保有しているものである。
 逆に言えば、住民票の写しや外国人登録済証明書が迅速に交付できるなら、フリガナなどなくても構わないし、デタラメでも良いのである。

 問題なのは、統一基準がないものをベースに突合や名寄せを行おうという手法にある。
 そういえばどこかのシステムも、住所地特例の名寄せを「カナ氏名」「生年月日」「性別」の3点マッチでやろうとしているようだが(以下自粛)
 ましてやデタラメの可能性が非常に高いものを公的な被保険者証(以下自粛)



 そもそも正しいフリガナとは何であろうか?
 統一基準がないものについて、正しいとか不正確とか言う事自体がナンセンスであるとも思うが、「俺のフリガナは○○だ!」と本人が自己申告したものを正しいと仮定することは可能であろう。

 実は、全員ではないが、本人申告のフリガナ情報を(日本人外国人の区別無く)老人保健担当課は必ず保有している。
 セットアップ時に広域に提供する老人保健情報ファイルの項目を1つずつ見ていけば、必ずそれは見つかるはずである。

 もちろん、それを氏名や通称名のカナとしてセットして良いか否かはまた別問題である。


スポンサーサイト




はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 住基ネット, フリガナ, 住民基本台帳, 外国人登録, 名寄せ, 個人情報保護,
 そんなものは設定できるはずがない。
 
 いうまでもなく、フリガナは外国人登録法第4条に記載がない。
 システム上管理していない場合もあるし、もしあったとしても、市町村担当者が検索のため便宜的に付けているものであり、外部に提供、ましてや被保険者証という公的証明書に搭載することを想定して付けられているものではない。

 システム上の仕様うんぬんという次元の問題ではない。
 これは政府や他の官庁をも巻き込んだ国際問題になる可能性も秘めているのだ。

 「金」という氏の後期高齢者がいるとする。
 彼の氏は「キン」と読むかもしれないし、「キム」と読むかもしれない。
 あるいは、普段は「ミズノ」と呼ばれているが、その呼称を役所に届けていないだけなのかもしれない。(そして「キン」や「キム」と呼ばれることを甚だ嫌っているかもしれない)

 あたりまえの話であるが、我々が広域への提供データに「キン」という文字列を含めるのであれば、その呼称がそのまま医療機関の窓口で使われるリスクを勘案せねばならない。

 その結果発生したトラブルについて、なんとか省なんとか室や、気になる木のコールセンターに電話をすれば、担当者がすぐに現場に駆けつけて説明を行ってくれる。――そういう仕組みであれば、我々は喜んでフリガナを差し出そう。

 だが、現実はそうではない。

 後期高齢者医療制度は自治事務である。
 フリガナを提供した結果については、全て自分達が責任を取らねばならないのだ。


 どうしても出せというのであれば、無意の文字列、例えば全桁「ア」で埋める等の対応を行うべきであろう。
 医療機関において、外国人のフリガナが被保険者証に無かったとしても診療報酬が請求できないわけではないのだから、それで誰も困るわけではない。
 
 もし今後の医療のグランドデザインに外国人のフリガナが必須であるというのであれば、まず厚生労働省が全国の自治体の外国人登録窓口におけるフリガナの扱いについて、法務省と協議を行うべきである。
 外国人登録法の改正を行うか否かはともかくとしても、少なくとも法務省と連名で、フリガナの付け方に関する統一のガイドラインを示すべきであろう。

 自治体が外国人のフリガナを外部提供し、データベース化が行われるのは、そうした手順を踏んでからの話である。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 外国人登録, フリガナ, 被保険者証, QRコード, 厚生労働省, 法務省,

ナビゲーション

特集記事

カテゴリー

ブログ内検索

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

プロフィール

現職公務員SE Author:現職公務員SE
 シスアドでセキュアドな後期高齢者医療制度SNS管理人。
 後期高齢者医療制度の資格事務担当だったはずがひょんなことで電算担当に。

HSタグクラウド

Feed Me!

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言のRSSフィード

後期高齢者医療制度開始カウントダウン





リンク

中の人

FC2カウンター


公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング ビジネスブログランキング 人気ブログランキング - 公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言

スカウター : 公務員叩きに物申す!?現職公務員の妄言 はてなブックマークカウンター
  • seo