公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言 システム運用保守に、後期高齢者医療制度に、公務員叩き批判に、行政改革に、福祉行政に、ITに、WEB2.0に、SNS管理に、VBに、Scriptに、情報セキュリティに、IPネットワークに、SEOに、ほんの少し家族サービスなブログ。

TAGWORD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト:
 自分には「年金天引きが極悪非道」という感覚がイマイチ分からない。

 保険料の額そのものに対する批判は分かるし、徴収を開始したり停めたりするのに何か月もかかるという部分は改善されるべきだ。

 だが、「年金天引き」という手法自体が悪いという論理がどうにも分からない。
 「年金天引き」が悪いのであれば、同じ徴収方法を採る介護保険に、もっと批判があってもよさそうなものだ。

 そもそも「年金天引き」を誰が最初に立案したかといえば、↓この方である。

第136回国会厚生委員会第28号議事録

○菅国務大臣(当時の厚生労働大臣、現民主党代表代行)
 国保制度は、私も、細かい数字は正確ではないかもしれませんが、当初は、例えば農家の方が相当加入していて、いわゆる高齢者あるいは職をもうリタイアした人という割合はそう高くなかったわけですが、今日の国保というのはある意味では高齢者、特にもうリタイアしたりして職を持たない方の加入が非常に多くを占めておりまして、そういう点からも保険者である自治体の皆さんに大変御苦労をおかけしている、あるいは今言われました未納等についても、職域の場合と違って地域ですので、自治体がその納入をお願いするのにこれも非常に苦労されている、そういういろいろな面でその御苦労が大変大きなものであるということは十分理解をいたしております。
 そういう意味で、今、荒井委員御自身から言っていただきましたように、私は、今度の公的介護を導入するということは、全体として、まず、いわゆる高齢者にかかる医療費のある分野については介護とオーバーラップをしておりますので、そういうものについては介護の方が受け持つことになれば、国保財政に対してはどちらかといえば軽減の方向で影響するというふうに見ております。
 また、未納の問題などについてもかなり具体的な手だてを今考えておりまして、そういう中では国保自体の未納も少し減るような方向でいろいろな施策を考えて提案をさせていただいております。そういうことを通して、国保と一緒に納入をお願いすることになる介護保険料の未納部分も少なくなると思いますし、高齢者の保険料についても実質的にはそう未納が多くならないでやれるような、例えば年金等からの天引きなど、そういうやり方で対応していくことによってできるのではないかと思っております。

 で、件の菅民主党代表代行は山口2区補選にも応援に駆けつけている。
 民主党はといえば、後期高齢者医療制度を「年金天引きぼったくり」と評し、制度廃止を公約に掲げている。
 
 介護保険も年金天引きなのだが、こちらを問題視する政党は皆無である。
 ついでにいえば、もうすぐ住民税の年金天引きがはじまるが、これも言及する政党は無い。

 介護保険は良い年金天引きで、後期高齢者医療は悪い年金天引きなのだろうか?


スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 後期高齢者医療制度, 保険料, 特別徴収, 介護保険,
 いや、やってくれましたな、東京都。
 太っ腹というか、財政が潤沢でうらやましい。

 1月31日付官庁速報で報じられたこの内容は、東京都後期高齢者医療広域連合HPの2008年1月29日付報道発表資料の中で詳細を見ることが出来る。

後期高齢者医療広域連合について:報道発表資料(東京いきいきネット)

 概要は以下のとおり。

1.旧ただし書き所得55万円(年金収入208万円)までの被保険者約91,000人に対し、所得割を一定額減額する。

2.減額に係る費用の総額約6.9億円は、区市町村が負担をする。 

3.所得割の軽減割合は、
○旧ただし書き所得15万円以下(年金収入168万円以下)→100%減
○旧ただし書き所得20万円以下(年金収入173万円以下)→75%減
○旧ただし書き所得40万円以下(年金収入193万円以下)→50%減
○旧ただし書き所得55万円以下(年金収入208万円以下)→25%減

 当該議案は2月12日開催の東京都後期高齢者医療広域連合議会に提出されるとのこと。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 後期高齢者医療制度, 保険料,
 某SNS会員が投下した燃料を引用。

 このままでいくと、(この部分自粛)に該当する要件の人は、(この部分自粛)を繰り返すことにより、65歳から76歳の12年間、保険料半額で済ませられることになるのではないか?

 唖然である。

 いくらなんでも、これを許しちゃダメだろ。
 ただ、それを防ぐ規定が仮に設けられたとしても、標準システム内で何らかの履歴管理が行われなければ実効性がないし、都道府県をまたげば事実上防ぎようが無い。

 そもそも現行老人保健において、「いつでも、将来に向かって」の対象となる規定がある趣旨は何であるのか。

 恐らく問題となる要件に該当する方は、より一層の健康管理とか、経済的支援とか、そういったものが必要だから、という類の趣旨だろうと思われる。
 要するに該当者のメリットとして、そういう規定があったわけだ。

 しかし、以前にも書いたとおり、「保健」は「保険」になり、制度は様変わりした。そして、件の規定についても、必ずしもメリットとはなり得なくなった。
 だから本来、この規定の存在意義やあり方自体を考え直すべきであっただろう。

 だが、その答は「いつでも、将来に向かって」であり、新たな「保険」制度の中での趣旨や位置づけは明確にはされていない。
 そして、もともと該当者のメリットとして設けられていた規定を巡り、対象者が考えつく新たな「メリット追求」について(恐らく想像もつかないような「技」が次々と編み出されるであろう)、どこまでが容認できるのか。
 また、容認できない案件について、どのような「武器」で対抗しうるのか。

 悩ましい限りである。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 障害認定取下, 後期高齢者医療制度, 政省令, 保険料,
 近々、パブリックコメントの結果を受けて政省令が出されるとのことだが、その案の概要が国保実務の6月18日号に掲載されているとの情報提供をいただいた。

【ウェブ魚拓】週刊国保実務 第2562号 平成19年6月18日発行(社会保険実務研究所HP)

 情報提供者であるSNS会員の方の許諾を得て、その書き込みをここに転記する。

1.後期高齢者医療の住所地特例は都道府県単位とする。

2.基準収入額適用で夫(A)が後期、妻(B)が国保前期高齢者の場合、これまで収入が、A>383万円、A+B<520万円で、A・Bともに1割だったのが、これからは加入保険単位での負担区分判定になるのでAが3割となる不利益が生じる。このことについての経過措置を設ける。

3.後期保険料の応益割:応能割=50:50は全国単位での実施とする。所得割については広域連合ごとの所得水準に応じた設定となり、所得水準の格差分は普通調整交付金で調整することとなる。

4.これまで国保料を限度額まで支払ってた人は、後期に移行しても同程度まで保険料を支払ってもらう。

5.夫が後期に移行、妻が国保の場合軽減判定所得において不利になる場合があるので、経過措置を講じる。

6.後期は均等割・所得割のみで、資産割・平等割がない。夫が後期に移行し、妻が国保に残ると、残った妻1人に平等割がかかるので、負担が重くなる、これに対応する。

7.後期の特別調整交付金は、国保と同様、結核・精神等に関しての調整を行う。(収納率もあるかも?)


 筆者はまだ国保実務の現物を確認していないし、会員の方も記憶を頼りに書かれたということなので、後日訂正があるかもしれないが、
 もし本当だとすれば市町村国保のシステム改修に非常に厳しい内容となる。

 というより、資格喪失させたものを引き続き管理する必要がある制度って…


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 国保実務, 政省令, 保険料, 経過措置, 住所地特例,
 ある自治体の介護保険担当課で起きているかもしれない出来事。

新人「先輩、大変です! GW明けに届いたこの資料によると、年金保険者への通知の締め切りが、20日から11日になるようです。

先輩「よく聞こえなかった。もう一度言ってくれたまえ」

新人「通知の締め切りが、20日から11日になるようです。」

先輩「よく聞こえなかった。もう一度言ってくれたまえ」

新人「通知の締め切りが、20日から11日になるようです。」

先輩「よく聞こえなかった。もう一度言ってくれたまえ」

新人「通知の締め切りが、20日から11日になるようです。」

先輩「以前の資料には従来どおり20日と書いてあったではないか。」

新人「最新の資料では11日です。年金保険者への到達が20日期限で、市町村からの提出は11日です。」

先輩「それはもしかして、JOBスケジュールを9日早めろということかね?」

新人「そういうことになりますかね。」

先輩「もう一度聞くが、JOBスケジュールを9日早めろということかね?」

新人「そうですね。」

先輩「もう一度聞くが、JOBスケジュールを9日早めろということかね?」

新人「そうですね。」

先輩「新人君、私は冗談は嫌いだ。」

新人「冗談なんかじゃないですよー。あと、年金保険者からの通知時期も遅れますので、徴収方法の切り替えが…」

先輩「よく聞こえなかった。もう一度言ってくれたまえ」

新人「年金保険者からの通知時期が遅れます。

先輩「よく聞こえなかった。もう一度言ってくれたまえ」

新人「年金保険者への通知の締め切りが早まり、年金保険者からの通知時期が遅れます。事務もJOBスケジュールもグチャグチャです。

先輩「そんな××な事を言うのはこの口か!」

新人「イタタタ…、先輩、ボクは資料を読み上げているだけですよー。」

先輩「じゃあ、平成20年度から1か月が40日になる法律案はいつ通過するのかね?」

新人「先輩、20年度じゃなく19年度からでないと間に合いません。」

先輩「ツッコむところはそこじゃないだろ!



はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 介護保険, 後期高齢者医療制度, 国民健康保険, 保険料, 特別徴収,

ナビゲーション

特集記事

カテゴリー

ブログ内検索

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

プロフィール

現職公務員SE Author:現職公務員SE
 シスアドでセキュアドな後期高齢者医療制度SNS管理人。
 後期高齢者医療制度の資格事務担当だったはずがひょんなことで電算担当に。

HSタグクラウド

Feed Me!

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言のRSSフィード

後期高齢者医療制度開始カウントダウン





リンク

中の人

FC2カウンター


公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング ビジネスブログランキング 人気ブログランキング - 公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言

スカウター : 公務員叩きに物申す!?現職公務員の妄言 はてなブックマークカウンター
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。