公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言 システム運用保守に、後期高齢者医療制度に、公務員叩き批判に、行政改革に、福祉行政に、ITに、WEB2.0に、SNS管理に、VBに、Scriptに、情報セキュリティに、IPネットワークに、SEOに、ほんの少し家族サービスなブログ。

  • ワッフルワッフル

  • Top
TAGWORD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト:
5分未満の問診無料に、診療報酬改定で中医協(NIKKEI NET) WEB魚拓

 新たな5分ルールの導入に悩む医療機関はさぞかし多いことだろう。
 「問診時間なんか誰も確認しようが無いから全部5分以上ということにしてしまえばよい」と密かに思われている方もいるかもしれないが、
 J-SOX法も施行され、医師もコンプライアンスから無縁ではない。

 そんな悩めるドクター達のために専用ツールを作ってみた。
 その名も問診くんである。

クリックで「問診くん(体験版)」を表示

 まず特徴的なのは、どのレセコン上でも問題なく動作する汎用性の高さと、非常に分かりやすいインターフェースである。




 一番上の「問診開始!」のボタンを押すと300秒のカウントダウンが始まり、ゼロになると診療報酬算定が可能になる旨のメッセージが表示される親切設計だ。




 実際、体感で正確に5分を計測するのは難しい。
 5分以上の問診をしているのに、「5分経ってないのに金を取った!」とクレームを付けられるケースも今後出てくるだろう。
 このディスプレイを患者にも見えるようにしておけば、そういったトラブルを未然に防ぐことが可能だ。

 それだけではない。
 厚生労働省は「5分以上」という時間だけで制約するのではなく、実施すべき内容を明確化するなど、十分な時間をかけなければ算定できないような工夫を図る、と言及している。

 個々の問診がその基準を満たしているかどうかの判断は難しいが、それを視覚で訴えるような仕組みがあると非常に分かりやすい。

 そこで、「問診くん」では実施すべき問診の内容を5つのステージに分け、1つ実行する都度、チェックを入れることができるようにした。
 チェックが全て埋まれば、厚生労働省の告示に準拠した問診であったことが、専門知識が無い患者にも一目見て分かる仕組みだ。




 問診の結果、5分に少し足らなかったり、話すことがなくなってしまった場合でも大丈夫。
 「スーパーサポート」ボタンを押せば、なんと話すべき問診内容を表示してくれるので、ドクターは単にそれを読み上げるだけで良い。




 このスーパーサポート、体験版ではサンプルの5つのメッセージしか入っていないが、製品版ではTPOに合わせて65535個のメッセージが用意される予定である。
 エコノミープランではこのボタンは1日3回しか使えないが、エクセレントVIPプランを選択すれば回数無制限で使用することが出来る。

 最大の欠点は、このカンペメッセージが患者に見えてしまうということだが、
 これについては後のヴァージョンにて改良したい思っている。

 驚くべきことにこのツール、ありとあらゆるレセプトコンピューターとの連携が可能である(エクセレントVIPプランのみ)。
 契約時に付いてくるサポート申込ハガキにレセプトコンピューターの種類やヴァージョン情報等を記載して送付すると、個々のレセプトコンピューターに対応した連携マニュアルが送られてくる。
 「問診くん」のチェックボックスが全て埋まり、5分経過のメッセージが表示されたときは、おもむろにその連携マニュアルを取り出し、その内容に従ってレセコンを操作すれば、自動的に「外来管理加算」が算定できる仕組みだ。
 
 となると、あとは気になるのはセキュリティであるが、その点も心配は無い。
 「問診くん」は某掲示板でもおなじみ、最新のフュージャネイザン・アーキテクチャを用いたSG(セキュリティガード)を実装している。
 貴方の信用のために、是非SG(セキュリティガード)を実装した「問診くん」を併用していただきたい。

 さて、気になるお値段の方だが、
 β版ということもあって、エコノミープラン1ライセンス、破格の「うな丼1杯」で提供したい。
 エクセレントVIPプランについては直接お問い合わせいただきたい。

 申込方法は、右下のメールフォームから「ワッフルワッフル」と書き込んでいただければOKである。

** 2月6日追記 **

 こんなふざけた内容であるにも関わらず、お二人ものブロガーの方にこの記事をご紹介いただいた。この場を借りてお礼申し上げたい。

懇切丁寧な5分間診療(Dr.Poohの日記)
がいらいかんりかさん って(いじかちょうなまいにち)

 なお今回の記事は、元ネタである「外来管理加算への問診5分ルール導入」の中身には全く触れていないが、リンク先のお二人のブログに詳細な説明があるため、是非そちらをご覧いただきたい。
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: ネタ, ネタですよ, 信じる人はいないと思いますがネタです, ネタに文句を言われても困ります, javascript, ワッフルワッフル,

ナビゲーション

特集記事

カテゴリー

ブログ内検索

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

プロフィール

現職公務員SE Author:現職公務員SE
 シスアドでセキュアドな後期高齢者医療制度SNS管理人。
 後期高齢者医療制度の資格事務担当だったはずがひょんなことで電算担当に。

HSタグクラウド

Feed Me!

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言のRSSフィード

後期高齢者医療制度開始カウントダウン





リンク

中の人

FC2カウンター


公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング ビジネスブログランキング 人気ブログランキング - 公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言

スカウター : 公務員叩きに物申す!?現職公務員の妄言 はてなブックマークカウンター
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。