公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言 システム運用保守に、後期高齢者医療制度に、公務員叩き批判に、行政改革に、福祉行政に、ITに、WEB2.0に、SNS管理に、VBに、Scriptに、情報セキュリティに、IPネットワークに、SEOに、ほんの少し家族サービスなブログ。

TAGWORD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト:
 まずは、亡くなられたメタボ侍こと奥野睦司さんのご冥福をお祈りする。

 「メタボ侍」運動中に急死 伊勢市・減量挑戦企画に参加(iza)

 多くのブログに取り上げられ、SNSの中でもちょっとした話題になっているこのニュースだが、やはり餅は餅屋。
 NATROMさんの記事がとても参考になる。

 メタボ侍の討死(NATROMの日記)

 とはいえ、「死亡と減量の因果関係はなく、減量のために運動すること自体は健康に良い行為」の発言に関しては真に受けない方が良かろう。
 こちらの記事↓では「死亡と減量の因果関係は分かっていない」となっている。

 【ウェブ魚拓】「メタボ侍」運動中に倒れ死亡(スポニチ)

 「因果関係はない」と「因果関係は分かっていない」では全く意味が違うわけだが、どちらの新聞社がウソをついているのかといった議論は不毛だ。

 マスコミ各社の記者の方々は皆、とても長いインタビューを簡潔な一文に縮めてしまう、非常に優れた編集能力の持ち主である。
 その「圧縮」に恣意的な主観が入らなければなおのこと良いのだが、残念ながら人間はそこまで万能ではないらしい。
 ちなみに、朝日、読売などの大手他社の報道は、このくだりには触れられていないことを蛇足ながら付け加えておく。

 で、

 書きたかったのはそういうことではないし、もちろん伊勢市の取り組みや企画について批評を加えるつもりもない。

 自分が危惧するのは、政府の進めるメタボ対策(特定健診、特定保健指導)により、今回のような不幸な事故が今後常態化することである。
 もちろん「自らの意思で無理をしたものが祟って」というような簡単な話ではない。

 平成20年度から、各保険者はメタボ対策の数値基準を満たさないと、後期高齢者医療への支援金等でペナルティが課される。
 ペナルティはイヤだから、民間健保もそれなりに力を入れるだろう。

 標準的な保健指導においては、その必要性に応じて様々な支援が用意されているが、そもそも労働環境が劣悪では、動機付け支援も積極的支援も無意味だ。

保健士「早食いは肥満のもとですから、ゆっくり食べるようにしましょう」
俺様 「じゃあ、食事を急いで食べなくても済むよう、45分に減らされた昼休みを60分に戻してくれ」

保健士「スポーツを全くされていませんね。何かやってみませんか?」
俺様 「じゃあ、毎日24時過ぎまで残業、土日出勤もしなくても済むよう、適切な人員配置にしてくれ」

保健士「外食は栄養が偏りますから、なるべく控えて1日30品目を目標に…、あと不規則な生活は…、えーと、その」
俺様 「……」

保健士「すいません」
俺様 「謝る必要ないじゃん」

 別に保健士に意地悪をしたいわけではない。
 むしろ仕事とはいえ、不可能なことをやれと勧めなければならない方が気の毒だ。

 メタボは生活習慣病予備群と位置づけられるが、そもそもプロレタリアにとって生活習慣はほとんどが労働だ。
 通勤時間も含めれば1日12時間は拘束されている。もちろん残業が多く、1日15時間以上拘束されている人も珍しくないだろう。

 「生活習慣病」よりはむしろ「労働環境病」とでも呼び、労働環境改善を行った方がはるかに有効であると思われるが、諸事情から絶対にそうならないのが日本の日本たるゆえんである。

 そういえば「レクレーション休暇」というものが公務員叩きの嵐の中で消えて久しいが、この平成20年4月を機に勤務時間の一部を割いて運動させる、などという気の利いた配慮を行う企業は恐らく皆無であろう。
 民間にとって、利益に直結する勤務時間を目減りさせることはタブーなのである。

 となれば、余暇時間や休暇で何とかしろ、ということになる。

 メタボリックシンドロームと予防対策の成否 (大和総研HP)

 大和総研はこのレポートの中で「個人に対するインセンティブが弱いことから、目標未達となる可能性がある」と指摘しているが、筆者はそうは思わない。
 対外的にはともかく、企業が内々にアメムチ的なものを導入するのは十分に考えられることである。

「おまえは太っていて健保財政に悪影響を与えるから、3ヶ月以内に8キロ痩せないと今度の昇進は取り止めだ! もちろん勤務中に体操など許さん! 土日に自分で運動して何とかしろ!」

 そういうことにもなりかねないわけだ。
 
 大体、この国のサラリーマンは夜遅くまでへとへとになるまで働いて、平日は時間がないし、土日はごろごろしていたいのである。
 なのに、数値目標を与えられ、強制ダイエットをさせられたとしたら、心身ともに余計負担がかかるだろう。
 しかも、平日は時間が無いから土日に相当強度の高い運動を行うことしか、ノルマをクリアする方法はない。
 もしそれで、何らかの事故が起こったとしても、社員が余暇時間に自らの意思で行ったことであり、労災認定がなされないのはもちろん、会社の責任が問われることは一切無い…

 どこかで聞いた話に似ていないだろうか?

 平成20年4月以降、団塊世代のメタボサラリーマンが多量に突然死して、めでたく医療費2兆円削減達成!…というのはブラックに過ぎるから、ネタにしておこう。

 後期高齢者医療制度開始まであと226日

スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: メタボ, メタボ侍, メタボリックシンドローム, 生活習慣病, 特定健診, 特定保健指導,
 食育の話を医療行政に絡めようと思う。

 「動物性脂肪は体に悪く、植物性脂肪が体に良い」

 という考えは未だ根強い。
 バターよりマーガリン、調理用の油は植物油、と恣意的に選択されている方も多いのではないかと思う。
 これはかつての旧厚生省の栄養指導の影響である。

 かつて、コレステロールは動脈硬化や各種心疾患の原因であるとされ、
 また欧米で
 「動物性脂肪はコレステロール値を上げ、植物性の高リノール酸油が下げる」
 という研究結果が出た。
 
 これを受け、日本でも60年代から、
 「動物性脂肪を減らし、リノール酸系の植物油を増やせ」
 という脂質栄養指導が始まった。
 それにより動脈硬化や心疾患の予防になると思われたからである。

 ところが、これが大きな誤りであることが後に判明した。

 まず、コレステロールを動物性脂肪が上げ、植物性脂肪が下げるのは、1週間程度の短期間の話であり、1年もすれば両者の差はなくなってしまうのである。
 健康指導は長期的なものである。何ら役にたたないのは言うまでもない。

 余談であるが、そもそも、コレステロール値と心疾患との因果関係は不明瞭である。
 日本では従来の仮説どおり、血中コレステロールの増加により心疾患発病率が上がるという報告と、逆に下がるという報告がある。
 海外では、逆に血中コレステロールが低下すると心疾患発病率が上がるという報告がある。
 それとは別に、コレステロール値が多いほど癌死亡率や総死亡率が低い、即ち長生きできるという報告もある。
 
 話を元に戻そう。
 リノール酸は心疾患抑制に効果が無い。
 それだけならまだ良いが、逆にリノール酸の過剰摂取により、動脈硬化や心疾患の他、アレルギー過敏症やガンを引き起こすことが判明してきたのである。

 これらはリノレン酸(即ち魚)を摂取し、n-6(リノール酸)/n-3(リノレン酸)バランスを中心とした食事指導を行うことによって改善される。
 リノール酸は体内に必須であるが、ご飯やパン、肉などから十分な必要量は摂取できる。そのうえでマーガリンやドレッシングなどの植物性油を多量に摂取すれば、明らかに問題がある。

 こうしたことが分かってきたのは今から5~10年ぐらい前のことである。  
 巷で、魚が良いという話は聞く。肉を食うと成人病になるという話も未だに聞く。一方で、植物油が危険だという話はほとんど聞かない。

 現在、日本人の動物性脂肪の摂取量は欧米より少ないが、摂取脂肪中のリノール酸の占める割合は高い。
 そして旧厚生省の栄養指導の結果、明らかに心疾患死亡率に影響が出ていることが分かっている。
 最近アトピーの子供が増えているが、これも母親のリノール酸過剰摂取と密接な関係があるのは言うまでもない。

 さて、「心疾患」や「ガン」はかつて「成人病」と呼ばれていたが、旧厚生省はそれを「生活習慣病」と改称し、食生活や飲酒、喫煙など、生活習慣そのものが原因だと定義づけた。
 そして、生活習慣たる「食生活」を誤って指導していたのは、旧厚生省であり、増加の原因の全てとは言わないまでも、大きな要因の1つであることは確かである。
 生活習慣病は莫大な医療費を消費する。
 そして今度の医療制度改革において、その予防と改善は、数値目標付きで地方自治体に課せられることは以前の記事で既に述べた。

http://genshoku.blog69.fc2.com/blog-entry-24.html

 要するに、政府は失態により国民の健康を害したばかりでなく、そのツケを地方自治体に回そうとしているのである。
 世の中、このようなことがまかり通って良いのであろうか。

 なお、最近サプリメントで流行の「共役リノール酸(トナリン)」はリノール酸の異性体であり、全くの別物である。
 ただし、不純物としてリノール酸を含む可能性はある。過剰摂取はオススメできない。




はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 生活習慣病, メタボ,

ナビゲーション

特集記事

カテゴリー

ブログ内検索

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

プロフィール

現職公務員SE Author:現職公務員SE
 シスアドでセキュアドな後期高齢者医療制度SNS管理人。
 後期高齢者医療制度の資格事務担当だったはずがひょんなことで電算担当に。

HSタグクラウド

Feed Me!

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言のRSSフィード

後期高齢者医療制度開始カウントダウン





リンク

中の人

FC2カウンター


公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング ビジネスブログランキング 人気ブログランキング - 公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言

スカウター : 公務員叩きに物申す!?現職公務員の妄言 はてなブックマークカウンター
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。