公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言 システム運用保守に、後期高齢者医療制度に、公務員叩き批判に、行政改革に、福祉行政に、ITに、WEB2.0に、SNS管理に、VBに、Scriptに、情報セキュリティに、IPネットワークに、SEOに、ほんの少し家族サービスなブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト:
 全く使っていないmixiのアカウントに初対面の者からメッセージが届いた。
 趣旨を要約すると以下のようになる。

・市役所を受験するつもりであるが、社会人経験を積んで金を貯めてから本命のロースクールにいきたいと思っている。
・法律以外の科目が苦手だが、それでも合格採用されるか?
・貯金はどれだけできるか?

 もう苦笑するしかない。
 これもマスコミが「公務員は楽で給料が高い」と言い続けた悪影響なのだろうか?

 別に将来転職云々という話をとやかく言うつもりはない。
 その間きっちり仕事をこなし、引継ぎをしっかりしてくれれば問題ない。

 だが、こうした志望動機の者に「覚悟」が無いのも事実だろう。

 ウェブを見ると、こういう話はどこにでもあるようである。

現職さんの考えはやはり一致している。(fufunyanの日記~公務員試験のSNS~)

 思うに、地方公務員になるということは、そこの土地に一生住むということと同じである。

 例えば、広島市役所に就職するということは、広島の気候の中で住み、広島の食べ物を食べ、広島の方言の中ですごし、広島の人々を相手に仕事をする。
 言うなれば、広島という土地に一生を捧げるということである。

 公務員の仕事というのは世間で思われているほど楽なものではない。
 定年までの間には、自分が苦手な仕事、嫌いな仕事が担当になることもある。
 近年、想像以上に辛い仕事と労働環境に耐えられず、すぐに辞めてしまう新人が多いのはとても嘆かわしいことだが、
 そうした状況の中で心の支えになるのは、その土地と人々を愛する気持ちと使命感だ。

 自分は「地方公務員になりたいんだけれど…」という人を見かけたら、以下のように話すことにしている。

「観光気分で構わない。候補の土地に実際に足を運び、その土地の文化や言葉、食べ物に触れ、その土地の住民と存分に話してみてごらん
 そして、その土地が抱える問題点から目を背けないで。むしろ悪い部分の方が重要だから。
 その上で『この土地になら故郷を捨てて一生を捧げても良い』という場所が見つかれば、そこに就職すれば良いよ。逆に見つからなければ地方公務員になることはオススメしない。」

 そう思って、件のメッセージに返信しようとしたら、相手は既に退会した後だった。
 恐らく、他の公務員にも同様なメッセージを送ってボコボコに叩かれたのだろう。

 それで公務員への道をあきらめてくれたのならば、その人自身も、その人が志望していた自治体の住民も、救われたということだ。

 まずはめでたい。


はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク数 googleに追加 

自由利用マーク
このマークは当blogの記事部分に付けられたものです。
タグリスト: 公務員,

ナビゲーション

特集記事

カテゴリー

ブログ内検索

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

プロフィール

現職公務員SE Author:現職公務員SE
 シスアドでセキュアドな後期高齢者医療制度SNS管理人。
 後期高齢者医療制度の資格事務担当だったはずがひょんなことで電算担当に。

HSタグクラウド

Feed Me!

公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言のRSSフィード

後期高齢者医療制度開始カウントダウン





リンク

中の人

FC2カウンター


公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング ビジネスブログランキング 人気ブログランキング - 公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言

スカウター : 公務員叩きに物申す!?現職公務員の妄言 はてなブックマークカウンター
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。